【自治医科大学附属病院】のNIPT新型出生前診断(栃木県の認可施設)

エリア別おすすめNIPT【新型出生前診断】施設

【参考】関東NIPT栃木 NIPT新型出生前診断東京

自治医科大学附属病院 | 新型出生前診断(NIPT)

新型出生前診断(NIPT)では、
採血のみという負担のない検査で、

ダウン症候群(21トリソミー)をはじめとした、
エドワーズ症候群(18トリソミー)、
パト―症候群(13トリソミー)といった 、
先天性の疾患(染色体異常・形態異常) の有無を調べることができます。

◎まるねこママ
◎まるねこママ

現状日本では、
日本医学会が認定した施設でのNIPTの受検を推奨しています
安易な中絶に繋がるなど
倫理面の問題や非常に難しい決断を求められる事もある事から、
臨床遺伝専門医認定遺伝カウンセラーといったカウンセリングの出来る専門家がしっかり配備され、その後の確定検査以降のアフターケアなどを一貫して実施のできる施設を要しているという厳格な基準を設けた施設のみに実施させています。
今回はその関東のNIPT認可施設から、
自治医科大学附属病院】」を見ていきます。

NIPT新型出生前診断とは

新型出生前診断【NIPT】の認可施設とは?

新型出生前診断【NIPT】の認可施設とは?

NIPT認可施設の条件

【日本の認可施設】

日本では日本医学会が実施施設の認定を行っている。
施設の認定基準としては、

  1. 産婦人科医と小児科医が常勤で勤務しており、いずれかが臨床遺伝専門医の資格を有している。
  2. 遺伝に関する専門外来を開設している。
  3. 遺伝カウンセリングの体勢が整備されている。
  4. 検査施行後の分娩まで含めた妊娠経過の観察、および母体保護法に基づく妊娠中断の可否の判断および処置を自施設において行うことが可能であり、現に行っていること。
  5. 絨毛検査や羊水検査などの侵襲をともなう胎児染色体検査を、妊婦の意向に応じて適切に施行することが可能であること。
  6. 妊婦が5項に述べた侵襲をともなう胎児染色体検査を受けた後も、妊婦のその後の判断に対して支援し、適切な出生前カウンセリングを継続できること。
  7. 出生後の医療やケアを実施できる、またはそのような施設と密に連携する体制を有すること。
  8. 連携施設において検査の陽性が出た妊婦について、連携施設からの紹介を受けて前項4~7 の対応を行うことが可能であること。
  9. 遺伝診療についての会議を定期的に開催して前項2の遺伝に関する専門外来に関わる医療者内で診療についての情報共有を図ること。連携施設がある場合は連携施設においてNIPT に関する出生前カウンセリングを実施している産婦人科医師の会議への参加を受け入れて、連携施設の検査にあたる産婦人科医師との密な連携を維持するように努める。

平成30年7月時点で、臨床研究として認定・登録された全国92施設においてNIPTが実施されています。
認定・登録施設には遺伝専門職である臨床遺伝専門医認定遺伝カウンセラーがいます。遺伝カウンセリングを通して妊婦さんとパートナーの方の思いを聞き、遺伝学的情報の提供を行い、お二人が自律的に受検の選択ができるよう、サポートを行っています。

NIPT認可施設の対象となる妊婦さんの条件

認可施設でNIPTを受ける対象となる妊婦さんの条件

1.胎児超音波検査で、胎児が染色体数的異常を有する可能性が示唆された者。
2.母体血清マーカー検査で、胎児が染色体数的異常を有する可能性が示唆された者。
3.染色体数的異常を有する児を妊娠した既往のある者。
4.高年齢の妊婦【分娩予定日に 35歳以上
5.両親のいずれかが均衡型ロバートソン転座を有していて、胎児が 13 トリソミーまたは 21 トリソミーとなる可能性が示唆される者。

自治医科大学附属病院

基本理念

理念

  • 患者中心の医療
  • 安全で質の高い医療
  • 地域と連携する医療
  • 地域医療に貢献する医療人の育成

基本方針

  • (1)安全な医療
    (2)人間味豊かな医療
    (3)質の高いチーム医療
    (4)高度で先進的な医療
    を提供します。
  • 情報公開を積極的に推進します。
  • 地域の医療機関との連携を深めます。
  • 地域医療に気概と情熱を持ち、全人的な医療を実践する医療人を育成します。

病院概要

附属病院は、昭和49(1974)年に開院し、地域医療確保の先駆的な役割を担うとともに、本学の教育理念を実践に移す場として、高度の医療施設及び設備を整えています。

現在、病床数1,132床、診療科46科を開設しており、優秀な医師、医療技術陣と医療施設の設備があいまって、充実した臨床教育の場を形成することはもとより、患者の信頼に応えられるようきめ細かな配慮を行うなど医療内容の一層の充実に努めています。

また、現在、施設及び設備のリニューアルが進められており、大学病院としての機能の充実や、高度化、多様化する医療ニーズに対応していくために患者アメニティに配慮するなど、21世紀に相応しい医療を提供できる病院づくりを目指しています。

病院の沿革

昭和49(1974)年1月17日「自治医科大学附属病院」開設許可
2月9日病院構造設備使用許可
4月15日病院開院
総合病院の名称使用許可
昭和57(1982)年3月3日地域家庭診療センターの開設
昭和58(1983)年4月27日「自治医大駅」開業
昭和59(1984)年6月12日核医学センターの開設
7月6日3階東病棟の開棟
昭和60(1985)年7月23日MRI(常電導)の導入
9月17日内科外来使用許可(増築)
昭和61(1986)年5月1日特定承認保険医療機関承認
昭和62(1987)年5月1日腎臓内科、小児外科の診療開始
平成1(1989)年9月1日内科薬物治療科の開設
9月21日2階南病棟の開棟
平成2(1990)年7月7日MRI(超電導)の導入
平成3(1991)年8月1日救急医療機関告示
平成4(1992)年6月1日救急部病棟の増床
放射線治療用ライナック(2台目)の導入
平成5(1993)年1月20日X線骨密度測定装置の導入
平成6(1994)年1月1日特定機能病院に承認
5月28日病院創立20周年記念祝賀会挙行
平成7(1995)年3月9日エイズ拠点病院に指定
4月1日自治医科大学健診センターの開設
平成8(1996)年9月1日総合周産期母子医療センターの開設
11月29日災害拠点病院に指定
平成12(2000)年4月1日総合診療部の開設
平成14(2002)年6月28日附属病院新館竣工
9月1日循環器センター開設
救命救急センター指定
遺伝カウンセリング室の開設
10月1日心疾患治療部の開設
平成15(2003)年4月1日医療情報部の開設
医療安全対策室の開設
平成16(2004)年1月1日小児外科、移植外科がそれぞれ独立
4月1日美容外科の開設
医療安全対策室の体制を強化し、医療安全対策部へ名称変更
感染制御部の開設
卒後臨床研修センターの開設
5月1日病棟オーダリングシステムの稼動
6月1日とちぎ子ども医療センター開設準備本部の設置
7月30日病棟リニューアル工事完了
10月1日消化器センターの開設
呼吸器センターの開設
脳神経センターの開設
血管内治療部の開設
無菌治療部の開設
臨床腫瘍部の開設
平成17(2005)年4月1日腎臓センターの開設
5月19日外来オーダリングシステムの稼動
12月15日PET-CTの導入
12月19日病院機能評価認定Ver4.0
平成18(2006)年2月14日電子カルテシステムの稼動
6月1日臨床腫瘍科の開設
9月1日とちぎ子ども医療センター組織の開設
小児心臓血管外科、子どもの心の診療科、小児画像診断部、小児手術・集中治療部を開設し、小児科・小児外科を下部組織に位置付け
9月19日とちぎ子ども医療センターオープン
10月1日緩和ケア部 腫瘍センター 臨床感染症センターの開設
11月1日小児リハビリテーション部(とちぎ子ども医療センター)の設置
緩和ケア科の開設
移植・再生医療センターの開設
平成19(2007)年1月31日地域がん診療連携拠点病院に指定
3月12日外来治療センターの稼動
4月1日生殖医学センター(不妊治療・体外受精センター)の開設
小児泌尿器科(とちぎ子ども医療センター)、小児整形外科(とちぎ子ども医療センター)、小児脳神経外科(とちぎ子ども医療センター)の開設
5月1日緩和ケア病棟の開棟
7月2日治験拠点医療機関に指定
10月1日鏡視下手術部の開設
女性医師支援センターの開設
平成20(2008)年4月1日脳卒中センターの開設
成人先天性心疾患センターの設置
地域医療連携部の開設
下部組織に病診連携室、看護支援室、総合相談室を開設
病院事務部医療福祉相談室を廃止し、地域医療連携部に一本化
臨床試験センターの開設
臨床薬理センター治験推進室を廃止し、臨床試験センターへ一本化
臨床薬理センターに臨床研究教育・支援室を開設
小児心臓血管外科を小児・先天性心臓血管外科へ名称変更
光学医療センターを開設し、内視鏡部を下部組織に位置付け
臨床腫瘍センターの下部組織に精神腫瘍部を開設
平成21(2009)年4月1日糖尿病センターの開設
10月1日周産期教育支援部の設置
平成22(2010)年4月1日看護職キャリア支援センターの開設
12月19日病院機能評価Ver.6.0認定(更新)
平成23(2011)年3月1日総合周産期母子医療センターに院内助産所を設置
5月1日臨床栄養部の開設
平成24(2012)年4月1日中央材料室の設置、がん相談支援室の設置
11月1日血管内治療センターの開設
乳腺・総合外科を乳腺科に名称変更
平成25(2013)年1月1日企画経営部の設置
企画経営部の下部組織として、企画経営室を設置し、医療情報部を企画経営部の下部組織に位置付け
1月9日外来透析センター開設
4月1日臨床試験センターを臨床研究支援センターとして大学の教育研究施設に改組み
とちぎ臨床試験推進部を設置
企画経営部医療情報部の下部組織に看護情報管理室を設置
10月1日総合診療部を総合診療内科へ名称変更
平成26(2014)年4月1日救急科の開設
病理診断科の開設
小児耳鼻咽喉科の開設
地域医療連携部を地域医療連携・患者支援部へ名称変更
地域医療連携・患者支援部の下部組織として入退院支援室、ボランティア支援室を設置
5月1日入院診療運営部、外来診療運営部、中央施設診療運営部を設置
9月4日手術支援ロボット da Vinci Siによる手術を開始
11月1日重症心不全治療部の開設
平成27(2015)年4月1日小児形成外科(とちぎ子ども医療センター)の開設
小児移植外科(とちぎ子ども医療センター)の開設
小児歯科口腔外科(とちぎ子ども医療センター)の開設
リウマチセンターの開設
透析部を透析センターへ名称変更
12月19日病院機能評価 3rdG:Ver1.1 一般病院2 認定(更新)
平成28(2016)年4月1日てんかんセンターの開設
臨床研究センターの開設
9月1日地域医療連携・患者支援部を患者サポートセンターへ名称変更
平成29(2017)年4月1日緩和ケアセンターの開設
内科総合の開設
医療安全対策部を医療の質向上・安全推進センターへ名称変更
平成30(2018)年4月25日新館南棟竣工
6月1日歯科口腔外科を歯科口腔外科・矯正歯科へ名称変更
10月1日腫瘍センターにがんゲノム医療部を設置
10月22日高度治療部(HCU)の開棟
平成31(2019)年4月1日がん相談支援室をがん相談支援センターへ名称変更
放射線管理センターの開設
医療の質向上・安全推進センターに医薬品・医療機器安全管理部門を設置
メディカルサポートセンターの開設
令和元年(2019)年11月1日小児がん連携施設に指定
令和2年(2020)年4月1日戦略的人員配置部を設置、医療安全管理部を設置
腹膜播種治療センターの開設、こころのケアセンターの開設
経営管理課を総務課と経営改革課に改組
臨床研究支援部ととちぎ臨床試験推進部を統合し臨床研究・治験推進部に名称変更、臨床研究センター内にTR研究推進部を設置
救命救急・総合集中治療センターを設置し、救命救急センター、集中治療部、高度治療部を下部組織に位置づけ

患者数等

令和元年実績

病床数1,132床
外来622,186人(1日平均2,603人)
入院316,051人(1日平均864人)
平均在院日数 13.4日
病床稼働率 85.6%
手術件数9,894人
救命救急センター患者数12,600人  救急車受け入れ応需率

マタニティフォトって?自己顕示欲?賛否両論
ナチュラルマーククリームの評価・評判・口コミ
miteteマタニティクリームの効果と口コミ・使い方
春のマタニティウェア

自治医科大学附属病院の産科

産科

産科では妊娠・分娩・産褥とそれらにかかわる病気を扱っています。

2011年3月より院内助産所(ラヴィ)が開設されました。ホームページはこちらから
2020年4月より妊娠と薬が外来が開設されました。ホームページはこちらから

診療内容・対象疾患

診療内容

妊娠の初期から分娩、そして産褥と、10ヶ月の間に女性の体は刻々と変化していきます。また、この10ヶ月間で胎児の姿と機能も大きく成長していきます。当科では、妊娠から産褥にいたる女性の健康を守り、胎児の成長を助け、健康な新生児誕生のお手伝いをしています。

対象疾患

切迫流産、切迫早産、多胎(双胎)妊娠、妊娠高血圧症候群、前置胎盤、胎盤早期剥離、合併症妊娠(婦人科疾患、心臓病、糖尿病、血液疾患など色々な病気を持った妊婦さんの妊娠・分娩)、HELLP症候群など

診療体制

婦人科、および総合周産期母子医療センター産科と協調し、約15名の産科医が診療を担当しています。新生児科、小児外科など関連各科と密接に協調しています。

ダイエット後の肉割れ対策:痩せたら目立ってしまった

自治医科大学附属病院の無侵襲的出生前遺伝学的検査(Non-invasive prenatal genetic testing: NIPT)

13、18または21トリソミー胎児を妊娠している可能性を母体血で判定する検査です。母体血による検査のため、検査リスクはほぼ皆無である一方、確定検査ではないため、NIPTで上記疾患と疑われる場合、診断確定のためにさらに羊水検査が必要になります。

予約のとり方

・ 電話で予約はとれません。

・ 近医(かかりつけ医)で紹介状をもらい、当院、初診外来におこし下さい。

検査週数

10週0日-14週6日

受診から検査までの流れ

初診(月曜-金曜午前11時までに受付):お一人来院でも結構です。NIPT可能かどうか判断し、「NIPT外来」を予約いたします。

NIPT外来初回(火曜日14-16時):ご主人との来院が必須です。カウンセリング後、希望あれば検査施行します。

↓ 2~3週後

NIPT外来結果(火曜日14-16時):お一人来院でも結構です。結果説明。陰性ならば終診。陽性ならば当院で羊水検査を計画します。なお、追加検査費用はかかりません。

費用

合計18~19万円程度かかります。(今後変更の可能性がありますが、さらに高くなることはないと想定されます。)

NIPTをお受けになれない方

  • 品胎(3つ子)妊娠
  • 流産診断後(切迫流産は検査可能)
  • その他、担当医が検査不可能と判断した場合

every frecious mini(エブリィフレシャス・ミニ)口コミ

無認可施設でも認可施設と同レベルの信頼・サポートのある施設もある!

認可施設と無認可施設の違いは、
カウンセリング・陽性時のサポートであり、
検査精度自体に問題がないとすれば、
カウンセリングとアフターフォローがしっかりしていれば、
無認可でも全く問題ないということですよね。

むしろ、
しっかりとNIPTの理解をしている方にとって
煩わしい複数回の夫婦揃ってのカウンセリングが不要なことや、
紹介状が不要な事などを考えれば、
逆に認可外のクリニックにメリットと感じる人も多いのではないでしょうか。

実は、
認可外の施設でも、
カウンセリングをはじめ、
羊水検査、
人工中絶手術まで一貫して行ってくれる施設もあります。

それは、この後ご紹介します、
八重洲セムクリニック・奥野病院です。

八重洲セムクリニック・奥野病院は認可外ながら、
国内最大の実績を誇る信頼のおけるNIPT(新型出生前診断)施設です。

カウンセリング・フォローに関しても産婦人科医が実施しているので充実していますし、
もちろん、
年齢条件もなく、一人で一回の来院で完結もできます。

意思が決まっていて、
カウンセリング不要でサッと検査を受けたい方も、
しっかりとカウンセリング・フォローを受けたい方も、
どちらも満足できるNIPT無認可施設は続きをご覧ください。

認可外・無認可でもフォロー体制がしっかりしているおすすめの認可外NIPTクリニック

認可施設・認可外施設の違いで、
カウンセリング、フォロー体制の有無を取り上げましたが、
認可外の施設は日本産婦人科学会の認定を受けていないので 、
日本産婦人科学会の指針に基づかずに運営されている所がある可能性があるという事だけで、
認可外施設がフォロー体制がしっかりしていないかというと、そうではありません。

例えば、
八重洲セムクリニックと奥野病院

こちらは、
担当医は安心の産婦人科医であり
採血前に医師が遺伝カウンセリングを行い、
ご不安やご質問などの相談を受けています。

日本で初めて年齢制限のないNIPT、
染色体検査及び微小欠検査を提供した医療機関でもあり、
信頼のおける施設であります。

すでに国内最大のNIPT10,000件以上の実績があり、
万一陽性が出ても当クリニックで一貫フォローが可能です。

認可外でもこういった信頼のおけるクリニックは全く問題はありません。

こちらの
おすすめNIPTクリニックを少し見ていきましょう。

★【国内最大の圧倒的NIPT実績】★
八重洲セムクリニック・奥野病院は
日本で初めて、条件や制限のないNIPT、
染色体検査及び微小欠検査を提供した医療機関です。

すでに10,000件以上のNIPT検査を担当した圧倒的な実績があり、
認定・認定外含めても八重洲セムクリニック・奥野病院のNIPT実績は抜けています。
毎月200名以上の方がこちらで予約、受検しており、
皆さんが安心を手に入れています。


★【担当医は安心の産婦人科医】★
認可外のNIPT施設でありながら、
担当医は安心の産婦人科医。

検査前の説明やアフタフォローも非常に信頼のおける施設であります。
認可外の施設では美容外科など専門外のクリニックが多いです。
八重洲セムクリニック・奥野病院であれば産婦人科医がしっかり対応。
安心して受検できます。

アフターフォローも万全】★
NIPTの結果が陽性となる可能性は100人に1人程度とかなり低い確率のため、
総検査数が1,000件、2,000件程度の検査実績の少ない検査機関では、

そもそもクリニック自体が陽性という結果について触れた機会すらほとんどない可能性があります。(ほとんどの施設が数百件程度の実績)
八重洲セムクリニック・奥野病院では
もちろん産婦人科医が担当してますし、
結果が陽性だった場合のカウンセリング及び羊水検査から中絶も含めてすべて当院でしっかりフォローしております。認可外でここまですべて一貫できるのは、八重洲セムクリニックだけといってもいいでしょう。
もしもの時の経験・実績も豊富で万全の体制でフォローが可能です。

もしもの時まで考えれば、安心して検査からアフターフォローまで任せることができる八重洲セムクリニック一択といえます。

★【WEBから簡単に予約が可能でおすすめです!60秒で完結!】★
【八重洲セムクリニック】こちらから予約できます。(紹介状も不要です。)
希望クリニックと日時を選択するだけで予約完了です。
ただ、予約可能なのは日曜のみです。
八重洲セムクリニックの唯一の弱点は日曜のみしか受けられないという所でしょうか。

★【つわりなどが辛い妊娠初期ですので、1回の来院で完結がうれしい】★
予約日にクリニックへ向かい採血のみで完結です。(全部で概ね40分)
認定施設では夫婦そろって3回の来院が必須条件だったりしますが、
一人で一回の来院でも問題ありません。もちろん夫婦でもOKです。

★【妊娠10w以降であれば誰でも受検可能】★
一般的な新型出生前診断(NIPT)には妊娠10~18週目という制限がありますが、
八重洲セムクリニックおよび奥野医院の検査では、
条件が「妊娠10週目以降」だけになります。
妊娠18週を過ぎてからは、母体の血液に含まれる赤ちゃんのDNAが減少するといわれていますが、妊娠から時間が経って、「やはり検査を受けたい」と思う方もいらっしゃいます。八重洲セムクリニックでは、タイミングが遅れ、他の施設では検査を受けられなかった方でも、新型出生前診断(NIPT)の受検を検討することができます。

★【周辺の各種地下鉄から徒歩数分の好アクセス】★
■東京駅八重洲中央口より徒歩8分
■京橋駅6番出口より徒歩1分
京橋(東京都)から八重洲セムクリニックまでの自動車ルート - NAVITIME

八重洲セムクリニック・奥野病院では、NIPTにつて世界中で大きなシェアを持つベリナタヘルス社の全染色体検査と微小欠失検査(検査名称:ベリファイプラス)が可能です。
ベリナタヘルス社は、親会社であるイルミナ社の最新の検査機器を使用し検査を行っており、検査制度についても非常に高い精度を誇っています。

八重洲セムクリニック・奥野病院


《八重洲セムクリニック・奥野病院》

学会の指針は、カウンセリング体制も含め重要な指針だと理解しております。
しかしながら、この検査を受けたくても受けることができない妊婦様が多く存在する事も大きな問題だと考えております。そういった妊婦様は、流産のリスクがある羊水検査を受けるか、精度の低い母体血清マーカ―テストを受ける選択肢しかありませんでした。
また認定施設では、検査を受けるまでと、検査結果の通知を受けるまで数週間以上必要な施設も多く存在します。
八重洲セムクリニック及び奥野病院としては不安を抱える妊婦様に対して一人でも多くの方にこの検査を提供すべきだと考え検査の提供を行っております。
当然のことながら違法性はなく、検査自体も信頼できる検査ですのでご安心ください。
また、院長は、国際出生前診断学会(International Society for Prenatal Diagnosis: ISPD)の会員であり、本学会ではこの検査は広く検査を提供すべきという指針になっております。
当院では世界的な基準を順守し本検査を妊婦の皆様に提供しておりますのでご安心ください。

カウンセリングはありませんか?

八重洲セムクリニック及び奥野病院では、採血前に医師が遺伝カウンセリングを行い、ご不安やご質問などの相談をお受けしておりますのでご安心ください。
また検査結果が陽性だった場合には、十分なサポートを受けて頂くためにも、さらに詳細な遺伝カウンセリングを専門機関にて受けていただくことが可能です。また、当院においても情報収集のお手伝いもさせて頂きます。
遺伝カウンセリングとは、妊婦様やご家族の方々に対し、遺伝子や遺伝のメカニズムが関与する疾患や体質など遺伝学的情報を提供し、その患者様やご家族の方々がそれらの情報を理解した上で意思決定ができるようにサポートする医療行為です。心理社会的な支援がされることもあります。日本でも、遺伝カウンセリングを受けることのできる専門医療機関は全国に存在します。遺伝子相談施設に関しては下記のサイトなどで検索することも可能です。
◆いでんネット
http://idennet.jp/cgi/doctor/search.html

「年齢制限なしで検査できてホントに助かりました!」30代前半の妊婦さんも安心してご出産いただけるよう、当院では新型出生前診断(NIPT)の検査に年齢制限は設けておりません。 「産婦人科の先生が担当だから頼れるし、やっぱり安心」万が一、陽性反応が出た際の対応や、羊水検査の実施なども当クリニックで完結。ゼロから病院を探す必要はありません。

《↓八重洲セムクリニック(東京)NIPTの特徴・詳しくはこちらから↓》

◎ねこママ
◎ねこママ

八重洲セムクリニック・奥野病院の実績を見てもわかる通り、
たくさんの妊婦さんが認定外施設でNIPT検査を受けています!
考えることは皆同じで、若いママもたくさん検査されています。
赤ちゃんの健康を確認して安心したマタニティライフを送りたいのは皆さん一緒ですよね。
もちろん検査時の不安もありますが、ずっと不安を抱えたまま出産まで悩むよりは良いのではないでしょうか。
こちらは産婦人科ということで、事前に質問もしっかりと受けてもらえますし、もしもの時の説明もぬかりなし。そして何かあっても一貫したフォロー体制が整っており安心して受けられます。

妊娠線予防最強クリーム&オイルのおすすめ人気ランキング

肉割れ消す

飲み放題浄水型ウォーターサーバーおすすめランキング:水道直結型・水補充式

安い!おすすめマタニティウェアSOIMの口コミ

スキンピールバーの口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました