スポンサーリンク

東邦大学医療センター 佐倉病院のNIPT新型出生前診断(千葉の認可施設)

エリア別おすすめNIPT【新型出生前診断】施設

【参考】関東NIPT  NIPT東京

東邦大学医療センター佐倉病院

新型出生前診断(NIPT)では、
採血のみという負担のない検査で、

ダウン症候群(21トリソミー)をはじめとした、
エドワーズ症候群(18トリソミー)、
パト―症候群(13トリソミー)といった 、
先天性の疾患(染色体異常・形態異常) の有無を調べることができます。

◎まるねこママ
◎まるねこママ

現状日本では、
日本医学会が認定した施設でのNIPTの受検を推奨しています
安易な中絶に繋がるなど
倫理面の問題や非常に難しい決断を求められる事もある事から、
臨床遺伝専門医認定遺伝カウンセラーといったカウンセリングの出来る専門家がしっかり配備され、その後の確定検査以降のアフターケアなどを一貫して実施のできる施設を要しているという厳格な基準を設けた施設のみに実施させています。
今回はその関東のNIPT認可施設から、
東邦大学医療センター 佐倉病院」を見ていきます。

NIPT新型出生前診断とは

新型出生前診断【NIPT】の認可施設とは?

新型出生前診断【NIPT】の認可施設とは?

NIPT認可施設の条件

【日本の認可施設】

日本では日本医学会が実施施設の認定を行っている。
施設の認定基準としては、

  1. 産婦人科医と小児科医が常勤で勤務しており、いずれかが臨床遺伝専門医の資格を有している。
  2. 遺伝に関する専門外来を開設している。
  3. 遺伝カウンセリングの体勢が整備されている。
  4. 検査施行後の分娩まで含めた妊娠経過の観察、および母体保護法に基づく妊娠中断の可否の判断および処置を自施設において行うことが可能であり、現に行っていること。
  5. 絨毛検査や羊水検査などの侵襲をともなう胎児染色体検査を、妊婦の意向に応じて適切に施行することが可能であること。
  6. 妊婦が5項に述べた侵襲をともなう胎児染色体検査を受けた後も、妊婦のその後の判断に対して支援し、適切な出生前カウンセリングを継続できること。
  7. 出生後の医療やケアを実施できる、またはそのような施設と密に連携する体制を有すること。
  8. 連携施設において検査の陽性が出た妊婦について、連携施設からの紹介を受けて前項4~7 の対応を行うことが可能であること。
  9. 遺伝診療についての会議を定期的に開催して前項2の遺伝に関する専門外来に関わる医療者内で診療についての情報共有を図ること。連携施設がある場合は連携施設においてNIPT に関する出生前カウンセリングを実施している産婦人科医師の会議への参加を受け入れて、連携施設の検査にあたる産婦人科医師との密な連携を維持するように努める。

平成30年7月時点で、臨床研究として認定・登録された全国92施設においてNIPTが実施されています。
認定・登録施設には遺伝専門職である臨床遺伝専門医認定遺伝カウンセラーがいます。遺伝カウンセリングを通して妊婦さんとパートナーの方の思いを聞き、遺伝学的情報の提供を行い、お二人が自律的に受検の選択ができるよう、サポートを行っています。

NIPT認可施設の対象となる妊婦さんの条件

認可施設でNIPTを受ける対象となる妊婦さんの条件

1.胎児超音波検査で、胎児が染色体数的異常を有する可能性が示唆された者。
2.母体血清マーカー検査で、胎児が染色体数的異常を有する可能性が示唆された者。
3.染色体数的異常を有する児を妊娠した既往のある者。
4.高年齢の妊婦【分娩予定日に 35歳以上
5.両親のいずれかが均衡型ロバートソン転座を有していて、胎児が 13 トリソミーまたは 21 トリソミーとなる可能性が示唆される者。

東邦大学医療センター 佐倉病院

地域の中核病院として高度で安全な医療を実践

東邦大学医療センター 佐倉病院 概要

病院名称東邦大学医療センター佐倉病院
所在地〒285-8741 千葉県佐倉市下志津564番地1
病院の種類総合病院
敷地総面積47,411.00㎡
病院建物延面積51,385.80㎡
許可病床数447床
教職員数約1000名
外来駐車場約370台(身障者用14台含む)
主要な医療機器CTスキャナ装置(80列、64列×2台)、超電導磁気共鳴診断装置(MRI 1.5T、3.0T)、ガンマカメラ、心血管撮影装置、頭腹部血管撮影装置、乳房撮影装置、X線骨密度測定装置、その他X線撮影装置、カラー3D超音波診断装置(中央検査、産婦人科)、カプセル内視鏡、超音波白内障手術装置、ルビーレーザー装置、分娩監視装置(胎児集中監視システム)、心電図情報ナースコール伝送装置(病棟)、電子カルテシステム、オーダーリングシステム、調剤支援システム、注射薬自動払出装置、医事電算システム、放射線治療装置(リニアック)、ロボット手術支援システム(ダヴィンチ)
関連施設看護宿舎76室、教職員住宅16室、看護師仮眠室2室、学生実習宿泊施設54室、研修施設(さくら教育研修センター)、教職員厚生施設(佐倉倶楽部)、院内保育室つくしんぼ

東邦大学医療センター 佐倉病院 基本理念

1.質の高い医療を安全に提供する病院
2.地域に貢献する病院
3.人間愛を共有する病院
4.楽しく明るくチャレンジする病院
5.良き医療人を育成する病院

東邦大学医療センター 佐倉病院 行動規範

我々東邦大学医療センター佐倉病院に働くものは、東邦大学建学の精神「真理の探究と知の実践を通じ、豊かな人間性を身につけ、実学を持って社会に永続的に貢献する」の実践を、医学、医療を通して行うため、次の行動規範を定める

1. 質の高い医療を安全に提供する病院
 1)医学・医療の向上・進歩発展に尽くす(進歩発展に尽くす)
 2)わかりやすく開かれた医療を行う(開かれた医療)
 3)安全管理が徹底された医療を行う(安全管理)
 4)医療行為の記録を残し、カルテを開示する(診療記録の適正管理)
 5)病む人の人格を尊重し、権利と尊厳を守る(患者権利保護とプライバシーの保護)
 6)病む人に優しい心で接し、医療内容をよく説明する(インフォームド・コンセント)
 7)医療を受ける子ども、高齢者、障害者等の権利を保障する(患者の特性に合わせた医療)
 8)健全な経営基盤の確保に努める

2.地域に貢献する病院
 1)病診・病病連携を深める
 2)保健行政と連絡を密にし、地域全体の疾病予防・対策に貢献する
 3)地域の災害医療に貢献する

3.人間愛を共有する病院
 1)個々、教養を身につけ、人格を高めあい、自立した人間をめざす
 2)教職員は互いに尊敬し、協力し、仲良くしあう

4.楽しく明るくチャレンジする病院
 1)最新の医学知識と医療技術を学び、研鑽する(高度医療の提供)
 2)社会、人類のため、働けるだけ、はたらいてみる
 3)変化する社会に順応・適応できる自己組織化能力を身につける

5.良き医療人を育成する病院
 1)すべての教職員に対して適正な教育環境および指導体制を提供する
 2)医学・看護学・薬学・理学、各学生等に対する卒前教育を充実させる
 3)卒後臨床研修体制を整備し、良き医療人を社会に輩出する

城本クリニックの肉割れ治療:口コミ評判は?

東邦大学医療センター 佐倉病院のNIPT

【母体血胎児染色体検査(NIPT)に関するご相談】の中身

以下に該当しない方は、「その他の相談」から、お申し込みください。
このページからのお申し込みに該当するのは以下の妊婦さんです。

✠高齢妊娠(予定日が35歳以上)

✠染色体疾患の児を妊娠・出産したことがある

✠胎児が染色体異常に罹患している可能性が高いと指摘された

✠かかりつけ医療機関の産婦人科ご担当医からの診療情報提供書(紹介状)(ダウンロード)を必ず持参できる

当日記入した状態で持参していただく書類は、上記ご相談フォームの中からダウンロードして下さい。書類をプリントアウトして、かかりつけの産科の担当の先生に記入していただいた状態で持参して下さい。持参がない場合、NIPT遺伝カウンセリングを受けることはできません。

✱母体血胎児染色体検査(NIPT)とは

✠妊婦さんの20mlの血液から赤ちゃんの特定の染色体の数の変化(13トリソミー、18トリソミー、ダウン症候群(21トリソミー))について調べる検査です。

✠赤ちゃんの染色体疾患を確定する検査ではありません(非確定的検査という位置づけの検査です)。

✠検査結果が陽性であった場合、確定診断のためには羊水検査などが必要です。

検査の詳細

下記NIPTコンソーシアムのホームページをご参照ください。

NIPTコンソーシアム

遺伝カウンセリング(NIPTに関するご相談)受診の流れ

【コメント】
遺伝に不安を抱える方々のため、ホームページ上でカウンセリングの申し込みを受け付けています。
一般的に、遺伝に関する診療に対する考え方は個人差が大きく、医療現場においても積極的に遺伝子診断を勧める医師もいれば、その必要はないというアドバイスをする医師もいます。
しかし何より大切なことは、不安や悩みなどを抱えているご本人の「相談したい」という気持ちです。
そこで当センターでは、相談を希望される方がご本人の希望でカウンセリングを受けていただけるよう、当ホームページ上にご本人自身で申し込んでいただける申し込みフォームを設けています。
遺伝カウンセリング申し込み

申し込みフォーム入力→日程調整の電話連絡→予約日の決定
妊婦さんパートナーで来院→予約日来院(1回目)→遺伝カウンセリング→NIPT検査をご希望→同意書記入・提出→NIPT採血→ご帰宅 or 妊婦さんのみ来院→予約日来院(1回目)→遺伝カウンセリング→NIPT検査をご希望→同意書お渡し→ご帰宅→予約日来院(2回目)同意書記入提出→NIPT採血→ご帰宅
採血後、約2週間→予約日来院(2回目)or予約日来院(3回目)→検査結果説明

東邦大学医療センター佐倉病院NIPT料金案内

内容料金
初診カウンセリング料 *60分まで11,000円
再診カウンセリング料 *60分まで6,600円
母体血胎児染色体検査(NIPT)231,000円
コンバインド検査 *当院かかりつけの患者さんのみ
初診料、再診料、カウンセリング料を含む
胎盤の位置によりできない場合があります。
55,000円
(税込)

※ NIPT検査においては、検査前と結果開示との最低2回のカウンセリングが必要になります。
初回のカウンセリング時間は約30分~1時間程度、その中には検査概要の説明等も含まれます。

東邦大学医療センター 佐倉病院の口コミ評判

産婦人科を、受診しました。診察をしてくれた医師が、後々ホームページを見て知ったのですが、婦人科のトップの先生でした。
大学病院の役割を理解しているつもりですが、あまりにも先生の対応が酷過ぎました。
色々と聞きたいこともありメモして行ったのですが、聞ける雰囲気ではなくとりあってもらえませんでした。患者の気持ちには全く寄り添わずもちろん目も合わず画面しか見ていませんでした。自分の今の状態もわからず、不安しか残らない診察でした。看護師さんも同じです。患者に寄り添うことはせず、話し方も上から目線でとても辛い思いをし相談できる雰囲気ではありませんでした。最初から最後まで対応が変わらずある意味期待を裏切らない感じですが残念すぎて後悔しかありません。本当は星もつけたくないくらいです。
窓口の方の対応は親しみやすく丁寧な対応で感謝しています。

先日家族の診察の為、別の大学病院に受診しましたが、先生をはじめ全てのスタッフの方が丁寧で親切に対応してくださって笑顔もあり、同じ大学病院でここまで違うのかと驚愕しました。

産婦人科にお世話になりました。
入院を何回かしましたが先生、看護師さんともに親切丁寧でした。
外来も毎回予約時間ほぼぴったりです。
課によっていろいろなんでしょうか、産婦人科は悪いところはみあたりません。

紹介で産婦人科へ通院しました。初回から誤診、その後も所見がコロコロ変わりセカンドオピニオン決意しました。ちなみに所見誤診はセンター長です。左右逆に言われ指摘しても言い続け、次の診察時には違う医師からしれっと前の病院で言われた側を言われました。それについて指摘しましたが言葉濁されて終了。術前検査をしておきながら痛みある状態をいつまでも様子観察。こんな酷い病院初めてです。ちなみに紹介した病院先では手術前提で話をされました。なのに納得した説明もなくズルズルと様子観察。3週間も痛み止めを飲み続けている状態で様子観察とは、どんな様子を知りたいんでしょうね。副作用や患者の痛み不安に関しては様子観察してくれないようです。

夜間緊急 に掛かったのですが、
看護師さんドクターの対応がとてもよかったです。
先に電話で問い合わせたのですが優しく丁寧にな対応、どうしたら良いかわからないことに対して 的確なアドバイスをして下さいました。
入院した後も、看護師さん、ドクターとも、笑顔と 思いやって頂いていると感じるられる対応で尊重された感が大きく いい病院だと思いました☆

かかりつけの耳鼻咽喉科から紹介され入院しています。先生、看護師さん共に優しくて親切そして丁寧。お掃除に来られる方、食事を運んで来てくれる方みなさん、とても感じも良き。コロナ禍であまり病院内を歩きまわれませんが(私は自粛。ずっと部屋に居ない人もいますw)病棟、病室とも綺麗(私は東病棟、西病棟は少し古いのかも知れません。詳しく調べてません。すみません。)で過ごしやすいです。私は短い入院予定ですが大変満足しております。

17cmの悪性腫瘍と向き合っています。私以上に真剣に症例に向き合ってくれる医師と頑張っています。看護師さんたちもみな、優しく、明るく、重い気分に成っていられません。診察は待たされるけれど、受付も看護師も先生も一日中、走り回っています。時間を掛けてしっかり診てくれます。患者のために頑張る先生たちを前に嘆いてはいられません。 心から感謝しています

数年前からメンタル科でお世話になっています。
ここ数ヶ月の電話受付の方の対応がなんだか怖いです。重症の患者さん相手だと話が伝わりづらく大変なお仕事なのだと拝察しますが、初っ端からこちらが萎縮してしまうくらい迷惑そうに喧嘩腰で対応されるとこれは少し問題があるのでは…?と思わずにはいられません。

それから、詳しい事情を知る主治医がなんの説明もなく失踪してしまい 毎回違う先生に診てもらっています。通院して「回復している」と何度伝えても現状維持の投薬のみという対処なので近々転院を考えています。

以前、私の身内がここで子供を出産したと同時に亡くなりました。
産まれた子供は無事でしたが母親は、出産前は健康状態も良好だったのにこの病院で突然容体が急変して、あっけらかんとした態度で“死にました”と言われました。持病もなく元気で20代で若くして亡くなるなんて全く想像もしてなかったです。

妊産婦が亡くなる確率なんて100万人中たった1%です。この病院の人達はいち早く異変に気づくこともできないのでこのようなひどく悲しい結末になりました。緊急時には、いち早く異変に気づき、対応が出来ないのであれば大至急他の病院への搬送を決断するなどしてくれたら助かったかもしれないのに悔しいです。容体が悪化した時には遅いんですからその前に気づくことができるはずです。最善を尽くしてくれたのかもわかりません。人間の命を甘くみてます。ここは病院の措置や判断にも問題ありますので通院される方などは気をつけてください。

大事な人が亡くなり本当にずっと悲しいです。子供が産まれてこれからたくさん素敵な未来も溢れるはずでした。
この病院の名前も見たくないしもう関わりたくもないのでこの書き込みも本当は書きたくなかったのですが、他の方に同じ様な事を経験してほしくないので書かせてもらいました。二度と利用しません。

無認可施設でも認可施設と同レベルの信頼・サポートのある施設もある!

認可施設と無認可施設の違いは、
カウンセリング・陽性時のサポートであり、
検査精度自体に問題がないとすれば、
カウンセリングとアフターフォローがしっかりしていれば、
無認可でも全く問題ないということですよね。

むしろ、
しっかりとNIPTの理解をしている方にとって
煩わしい複数回の夫婦揃ってのカウンセリングが不要なことや、
紹介状が不要な事などを考えれば、
逆に認可外のクリニックにメリットと感じる人も多いのではないでしょうか。

実は、
認可外の施設でも、
カウンセリングをはじめ、
羊水検査、
人工中絶手術まで一貫して行ってくれる施設もあります。

それは、この後ご紹介します、
八重洲セムクリニック・奥野病院です。

八重洲セムクリニック・奥野病院は認可外ながら、
国内最大の実績を誇る信頼のおけるNIPT(新型出生前診断)施設です。

カウンセリング・フォローに関しても産婦人科医が実施しているので充実していますし、
もちろん、
年齢条件もなく、一人で一回の来院で完結もできます。

意思が決まっていて、
カウンセリング不要でサッと検査を受けたい方も、
しっかりとカウンセリング・フォローを受けたい方も、
どちらも満足できるNIPT無認可施設は続きをご覧ください。

認可外・無認可でもフォロー体制がしっかりしているおすすめの認可外NIPTクリニック

認可施設・認可外施設の違いで、
カウンセリング、フォロー体制の有無を取り上げましたが、
認可外の施設は日本産婦人科学会の認定を受けていないので 、
日本産婦人科学会の指針に基づかずに運営されている所がある可能性があるという事だけで、
認可外施設がフォロー体制がしっかりしていないかというと、そうではありません。

例えば、
八重洲セムクリニックと奥野病院

こちらは、
担当医は安心の産婦人科医であり
採血前に医師が遺伝カウンセリングを行い、
ご不安やご質問などの相談を受けています。

日本で初めて年齢制限のないNIPT、
染色体検査及び微小欠検査を提供した医療機関でもあり、
信頼のおける施設であります。

すでに国内最大のNIPT10,000件以上の実績があり、
万一陽性が出ても当クリニックで一貫フォローが可能です。

認可外でもこういった信頼のおけるクリニックは全く問題はありません。

こちらの
おすすめNIPTクリニックを少し見ていきましょう。

★【国内最大の圧倒的NIPT実績】★
八重洲セムクリニック・奥野病院は
日本で初めて、条件や制限のないNIPT、
染色体検査及び微小欠検査を提供した医療機関です。

すでに10,000件以上のNIPT検査を担当した圧倒的な実績があり、
認定・認定外含めても八重洲セムクリニック・奥野病院のNIPT実績は抜けています。
毎月200名以上の方がこちらで予約、受検しており、
皆さんが安心を手に入れています。


★【担当医は安心の産婦人科医】★
認可外のNIPT施設でありながら、
担当医は安心の産婦人科医。

検査前の説明やアフタフォローも非常に信頼のおける施設であります。
認可外の施設では美容外科など専門外のクリニックが多いです。
八重洲セムクリニック・奥野病院であれば産婦人科医がしっかり対応。
安心して受検できます。

アフターフォローも万全】★
NIPTの結果が陽性となる可能性は100人に1人程度とかなり低い確率のため、
総検査数が1,000件、2,000件程度の検査実績の少ない検査機関では、

そもそもクリニック自体が陽性という結果について触れた機会すらほとんどない可能性があります。(ほとんどの施設が数百件程度の実績)
八重洲セムクリニック・奥野病院では
もちろん産婦人科医が担当してますし、
結果が陽性だった場合のカウンセリング及び羊水検査から中絶も含めてすべて当院でしっかりフォローしております。認可外でここまですべて一貫できるのは、八重洲セムクリニックだけといってもいいでしょう。
もしもの時の経験・実績も豊富で万全の体制でフォローが可能です。

もしもの時まで考えれば、安心して検査からアフターフォローまで任せることができる八重洲セムクリニック一択といえます。

★【WEBから簡単に予約が可能でおすすめです!60秒で完結!】★
【八重洲セムクリニック】こちらから予約できます。(紹介状も不要です。)
希望クリニックと日時を選択するだけで予約完了です。
ただ、予約可能なのは日曜のみです。
八重洲セムクリニックの唯一の弱点は日曜のみしか受けられないという所でしょうか。

★【つわりなどが辛い妊娠初期ですので、1回の来院で完結がうれしい】★
予約日にクリニックへ向かい採血のみで完結です。(全部で概ね40分)
認定施設では夫婦そろって3回の来院が必須条件だったりしますが、
一人で一回の来院でも問題ありません。もちろん夫婦でもOKです。

★【妊娠10w以降であれば誰でも受検可能】★
一般的な新型出生前診断(NIPT)には妊娠10~18週目という制限がありますが、
八重洲セムクリニックおよび奥野医院の検査では、
条件が「妊娠10週目以降」だけになります。
妊娠18週を過ぎてからは、母体の血液に含まれる赤ちゃんのDNAが減少するといわれていますが、妊娠から時間が経って、「やはり検査を受けたい」と思う方もいらっしゃいます。八重洲セムクリニックでは、タイミングが遅れ、他の施設では検査を受けられなかった方でも、新型出生前診断(NIPT)の受検を検討することができます。

★【周辺の各種地下鉄から徒歩数分の好アクセス】★
■東京駅八重洲中央口より徒歩8分
■京橋駅6番出口より徒歩1分
京橋(東京都)から八重洲セムクリニックまでの自動車ルート - NAVITIME

八重洲セムクリニック・奥野病院では、NIPTにつて世界中で大きなシェアを持つベリナタヘルス社の全染色体検査と微小欠失検査(検査名称:ベリファイプラス)が可能です。
ベリナタヘルス社は、親会社であるイルミナ社の最新の検査機器を使用し検査を行っており、検査制度についても非常に高い精度を誇っています。

八重洲セムクリニック・奥野病院


《八重洲セムクリニック・奥野病院》

学会の指針は、カウンセリング体制も含め重要な指針だと理解しております。
しかしながら、この検査を受けたくても受けることができない妊婦様が多く存在する事も大きな問題だと考えております。そういった妊婦様は、流産のリスクがある羊水検査を受けるか、精度の低い母体血清マーカ―テストを受ける選択肢しかありませんでした。
また認定施設では、検査を受けるまでと、検査結果の通知を受けるまで数週間以上必要な施設も多く存在します。
八重洲セムクリニック及び奥野病院としては不安を抱える妊婦様に対して一人でも多くの方にこの検査を提供すべきだと考え検査の提供を行っております。
当然のことながら違法性はなく、検査自体も信頼できる検査ですのでご安心ください。
また、院長は、国際出生前診断学会(International Society for Prenatal Diagnosis: ISPD)の会員であり、本学会ではこの検査は広く検査を提供すべきという指針になっております。
当院では世界的な基準を順守し本検査を妊婦の皆様に提供しておりますのでご安心ください。

カウンセリングはありませんか?

八重洲セムクリニック及び奥野病院では、採血前に医師が遺伝カウンセリングを行い、ご不安やご質問などの相談をお受けしておりますのでご安心ください。
また検査結果が陽性だった場合には、十分なサポートを受けて頂くためにも、さらに詳細な遺伝カウンセリングを専門機関にて受けていただくことが可能です。また、当院においても情報収集のお手伝いもさせて頂きます。
遺伝カウンセリングとは、妊婦様やご家族の方々に対し、遺伝子や遺伝のメカニズムが関与する疾患や体質など遺伝学的情報を提供し、その患者様やご家族の方々がそれらの情報を理解した上で意思決定ができるようにサポートする医療行為です。心理社会的な支援がされることもあります。日本でも、遺伝カウンセリングを受けることのできる専門医療機関は全国に存在します。遺伝子相談施設に関しては下記のサイトなどで検索することも可能です。
◆いでんネット
http://idennet.jp/cgi/doctor/search.html

「年齢制限なしで検査できてホントに助かりました!」30代前半の妊婦さんも安心してご出産いただけるよう、当院では新型出生前診断(NIPT)の検査に年齢制限は設けておりません。 「産婦人科の先生が担当だから頼れるし、やっぱり安心」万が一、陽性反応が出た際の対応や、羊水検査の実施なども当クリニックで完結。ゼロから病院を探す必要はありません。

《↓八重洲セムクリニック(東京)NIPTの特徴・詳しくはこちらから↓》

◎ねこママ
◎ねこママ

八重洲セムクリニック・奥野病院の実績を見てもわかる通り、
たくさんの妊婦さんが認定外施設でNIPT検査を受けています!
考えることは皆同じで、若いママもたくさん検査されています。
赤ちゃんの健康を確認して安心したマタニティライフを送りたいのは皆さん一緒ですよね。
もちろん検査時の不安もありますが、ずっと不安を抱えたまま出産まで悩むよりは良いのではないでしょうか。
こちらは産婦人科ということで、事前に質問もしっかりと受けてもらえますし、もしもの時の説明もぬかりなし。そして何かあっても一貫したフォロー体制が整っており安心して受けられます。

妊娠線予防クリーム

コメント

タイトルとURLをコピーしました