安いNIPT(新型出生前診断)で出てくるヒロクリニックまとめ[5万円~のカラクリ]

エリア別おすすめNIPT【新型出生前診断】施設
安いヒロリニックNIPT

NIPT(新型出生前診断)クリニックを

東京・埼玉(大宮)・神奈川(横浜)・愛知(名古屋)・大阪・福岡ですでに開院中。

更に岡山・宮城(仙台)・北海道にも開院予定のヒロクリニック
(中国地方、平石系列が撤退してしまった宮城(仙台)エリアはNIPTクリニックがほとんどなく開院は非常にありがたいのではないでしょうか。)

ヒロクリニックの特徴,
皆さんが気になっている所は
はなんといっても、

5万円~という費用の部分でしょうか。

まだ日本では保険適用外でもあり、
20万円前後の負担が相場のNIPT(新型出生前診断)検査ですが、
この5万円~という安さは目をひきますし、
「~」の「から」の部分も気になりますね。

本当に安くても、
逆に大丈夫なの??という感じすらしてしまいます。

今回は、
そんなヒロクリニックを調べてみました。

NIPT(新型出生前診断)とはどんな検査なの?という方はコチラ↓

ヒロクリニックとは

Hiro Clinic

【ヒロクリニックより】
当院では皆さまに安心して通っていただけるよう、地域と密着した暖かい地域医療への貢献を目指しております。
常に患者様の立場に立ち、丁寧で質の高い確かな医療、安全な医療でおひとりおひとりしっかりと向き合っていく身近な存在であり続けたいと思っております。

安心して出産するために、私たちがお手伝いできること

生まれてくる赤ちゃんに希望を抱く中、不安をお持ちの妊婦さんもいらっしゃることと思います。
そういった心配を少しでもなくすためにも、出生前診断で事前に胎児の健康状態を知ることで、生まれてくる赤ちゃんを迎え入れる準備がしやすくなります。

ヒロクリニックでは、母体にも胎児にも安全なNIPT(新型出生前診断)を提供しております。ヒト遺伝子検査の国内専門機関である「東京衛生検査所」に検査を依頼することで、海外の専門機関に依頼していた従来のNIPTより早く正確に結果がわかるようになりました。
なにより、21、18、13トリソミーだけでなく。性染色体や全染色体の検査が、適切な費用でできるのもヒロクリニックの強みのひとつです。

ヒロクリニックでは、妊婦さんやご家族にわかりやすく検査結果をお知らせできるよう、さまざまな検査のセットプランを用意しています。また、ひとつの染色体だけを調べる割安な検査もございます。

「自分が知りたい内容はどれだろう?」とわからなくなりましたら、ヒロクリニックの担当医に直接聞いてください。丁寧にお答えいたします。

https://nipt.hiro-clinic.or.jp/
公式HPより

国内初の国内検査にて最短2日最長6日で検査報告

NIPT(新型出生前診断)においてNIPTの認可施設※1ではすべて国内で検査を行っていますが、無認可施設では国内の衛生検査所を通して海外に検体を送っています。※2

ヒロクリニックでもこれまで東京衛生検査所を通してイルミナ社に検体を送って検査を行ってきましたが、
2020年6月19日よりヒロクリニックが契約する東京衛生検査所(東京都文京区)がイルミナ社の機器を導入し、国内での検査をスタートすることになりました。

なお、国内での検査となるため、原本は日本語の結果報告書となります。
英語の結果報告書は付きません。

また、6月19日より全領域微小欠失症候群に加え、全領域微小重複症候群(全領域)を調べることのできる、「F(旧名称D+): フルセットプラスプラン検査」が開始いたします。

■■■全領域微小欠失症候群+全領域微小重複症候群とは■■■

次世代シークセンサーを用いてNIPTを検査を行うと、ある一定の頻度で微小欠失症候群、微小重複症候群が検出されていました。我々が調べた限りでは58種類の欠失、重複があり、この度東京衛生検査所ではこれら58種類に加え、全領域での欠失、重複を報告することにしました。報告は700万塩基以上の欠失があるケースのみ行います。確認検査においては羊水検査を行う必要があります。報告部位のエクソン領域をリアルタイムPCRを用いて、定量化し調べることが可能です。その際には東京衛生検査所にお問い合わせください。
※Y染色体は除く

特徴である5万円~のカラクリ

ヒロクリニック5万円ノカラクリ

ヒロクリニックの
NIPT(新型出生前診断)といえば5万円~という安さですよね。

この5万円~というのは、
他のクリニックでいうスタンダードな検査の、

ダウン症候群(21トリソミー)をはじめとした、
エドワーズ症候群(18トリソミー)、
パト―症候群(13トリソミー)+(性別判定)
の3つの「先天性の疾患(染色体異常・形態異常) の有無を調べるといったものではなく、

例えば、
「ダウン症候群」だけが知りたいという方のために21番染色体単体検査のみであったり、
「エドワーズ症候群」「パトウ症候群」だけが知りたいという方に18番、13番の染色体単体検査を行うことができるというもので、

5万円ではどれか一つの染色体異常しか調べる事ができません。

ヒロクリニックの公式HPでも、下記のように

※ただし、日本産婦人科学会では、すくなくても21、18、13トリソミーの同時検査をすることを推奨しております。
欧米においては、NIPTは多くの妊婦がおこない、その検査内容も微小欠失、全染色体検査を含んだものが一般的です。

ヒロクリニック公式HP


と記載があり、
ダウン症候群(21トリソミー)をはじめとした、
エドワーズ症候群(18トリソミー)、
パト―症候群(13トリソミー)+(性別判定)が最低限わかるプランだと、

A: ライトのプランが該当して、下記の内容で12,0000円になります。
  • ●21・18・13番染色体の異常をお知らせします。21番18番13番
  • ●単一児の場合、性染色体の異常と性別をお知らせします。
  • ●双子の場合、Y染色体の有無をお知らせします。

21, 18, 13番染色体の基本検査。単一児の場合、性染色体の状態検査、双子の場合、Y染色体の有無の検査をします。

X連鎖劣性遺伝を有する近縁者がいる場合に適する検査となります。赤緑色盲、血友病、デュシェンヌ型筋ジストロフィー、X連鎖魚鱗癬、X連鎖無ガンマグロブリン血症(XLA)、グルコース-6-リン酸デヒドロゲナーゼ欠損症、X連鎖低リン血症性くる病 などがX連鎖劣性遺伝として知られています。
主に、男児の場合に発症しますが、女児の場合には無症候性キャリアとなることが多くあります。
性別の判別が可能です。



たしかに安いは安いですが
結局120,000円(税抜)となります。
ちょっとした釣りですね(苦笑)


NIPT(新型出生前診断)を受ける主な理由にあたる
3つの染色体異常だけがわかれば良いという方向けに、

O: ミニマムプランもあり、

●21・18・13番染色体の異常をお知らせします。
[性別はわかりません]

というプラン内容で
こちらなら、
90,000円(税抜)となっています。

このくらいの費用であれば、
精度が微妙なクアトロ検査などよりNIPTが良いなといえる水準でしょう。
たしかに安いですね。

しかし、
同検査内容ですと、
じつはもっと安いクリニックがあります。

それが、
青山ラジュボークリニックさんです。

青山ラジュボークリニックのNIPT口コミ・特徴とは?外苑前から徒歩2分 ...


青山ラジュボークリニックさんでは、同等の
業界最安値13,18,21トリソミーの検査が業界最安の8万円で受けられます。

↓青山ラジュボークリニックの詳細はコチラから↓

妊娠9週目から検査が出来る新型出生前診断

出生前診断

青山ラジュボークリニックは
東京・愛知・福岡・沖縄にありますので、
関東・愛知・福岡でヒロクリニックを検討していた方はこちらをおすすめ致します。

大阪も今準備中みたいですね!

青山ラジュボークリニックをまとめると、

・【業界最安値13,18,21トリソミーの検査が業界最安の8万円で受けられます。

・【業界最速】妊娠9週目から検査を行うことが出来ます。
新型出生前診断(NIPT)を実施している一般的な病院・クリニック・検査会社は、妊娠10週目からしか検査が出来ませんが、
青山ラジュボークリニックが契約している医療大国ドイツのLifeCodexx社は検査精度も高く早くから受けられます。
少しでも早く検査を受けたい方は必見です。

年齢等の制限がなく受けたい方が受検できます(20代も可・紹介状も不要)

・カードでの支払いも可能 

一人での来院、一回の来院でOK、簡単な説明と採血のみで完結
あとは検査結果を待つだけです。認定施設ですと夫婦揃ってのカウンセリングが計3回必要だったりしますが、一回で完結します。
質問などにはしっかり対応していただけますし、希望者には来院前でも検査後でも無料カウンセリングが可能です。
【認定遺伝カウンセラーの無料電話相談窓口があります】

・地下鉄銀座線「外苑前駅」4番出口 徒歩2分
 地下鉄半蔵門線・大江戸線「青山一丁目駅」5番出口 徒歩5分アクセス抜群◎

ラジュボークリニックでは緊急事態宣言に伴い、NIPT検査の為のご来院に関して、マスクを5枚贈呈しています
お車のご来院の方には駐車料金をご負担、タクシーでのご来院は往復5000円までご負担してます。

nipt染色体検査とは

↓青山ラジュボークリニックの公式HPはコチラから↓
9週目から検査が出来る新型出生前診断

こんな感じです。
基本的には、クリニックでは採血のみで、
検査自体は機関でしっかり行う検査のため、
どこのクリニックで受けても精度に違いはないので、
安い所で、というのは問題ない判断だと思います。


しかし、
まだヒロクリニック、青山ラジュボークリニックも歴史が浅く、
実績も少ないため、口コミなどが全然拾えません。

大丈夫・・・とはいえ、
大事な大事な赤ちゃんの検査ですから、
少しでも安心・安全のクリニックで受けたいというのがママですよね。

本来、安いという事は嬉しいポジティブな内容なんで、
普通の商品であったり、サービスであれば喜んで飛びつくんですが、

赤ちゃんの命・健康の問題となると、
安さが逆に心配材料になるんですよね。

理屈などではわかっているんですが・・・・。

そんな方におすすめなのは、
圧倒的実績、
口コミも多数!
◎まるねこママも安心して受けられたクリニック、
八重洲セムクリニック(東京)・奥野病院(大阪)です。


こちらもNIPT無認可クリニックですが産婦人科医が担当しており、
累計で圧倒的検査実績と、もしもの時のアフターケアも一貫して行えるクリニックです。

下記で詳しく紹介しておりますので良かったら参考にしてみてください。

大事な赤ちゃんのため様々な選択肢からしっかりベストな選択してあげてくださいね。

東京のおすすめNIPTクリニック

大阪のおすすめNIPTクリニック

コメント

タイトルとURLをコピーしました