スポンサーリンク

NIPT(新型出生前診断)認可施設:名古屋市立西部医療センターの口コミ評判

エリア別おすすめNIPT【新型出生前診断】施設
名古屋市立大学医学部附属西部医療センター - Wikipedia

【参考】NIPT愛知(名古屋)静岡のおすすめ新型出生前診断

新型出生前診断(NIPT)では、
採血のみという負担のない検査で、

ダウン症候群(21トリソミー)をはじめとした、
エドワーズ症候群(18トリソミー)、
パト―症候群(13トリソミー)といった 、
先天性の疾患(染色体異常・形態異常) の有無を調べることができます。

◎まるねこママ
◎まるねこママ

現状日本では、
日本医学会が認定した施設でのNIPTの受検を推奨しています
安易な中絶に繋がるなど
倫理面の問題や非常に難しい決断を求められる事もある事から、
臨床遺伝専門医認定遺伝カウンセラーといったカウンセリングの出来る専門家がしっかり配備され、その後の確定検査以降のアフターケアなどを一貫して実施のできる施設を要しているという厳格な基準を設けた施設のみに実施させています。
今回はその東海のNIPT認可施設から、
名古屋市立西部医療センター」を見ていきます。

NIPT新型出生前診断とは

新型出生前診断【NIPT】の認可施設とは?

新型出生前診断【NIPT】の認可施設とは?

NIPT認可施設の条件

【日本の認可施設】

日本では日本医学会が実施施設の認定を行っている。
施設の認定基準としては、

  1. 産婦人科医と小児科医が常勤で勤務しており、いずれかが臨床遺伝専門医の資格を有している。
  2. 遺伝に関する専門外来を開設している。
  3. 遺伝カウンセリングの体勢が整備されている。
  4. 検査施行後の分娩まで含めた妊娠経過の観察、および母体保護法に基づく妊娠中断の可否の判断および処置を自施設において行うことが可能であり、現に行っていること。
  5. 絨毛検査や羊水検査などの侵襲をともなう胎児染色体検査を、妊婦の意向に応じて適切に施行することが可能であること。
  6. 妊婦が5項に述べた侵襲をともなう胎児染色体検査を受けた後も、妊婦のその後の判断に対して支援し、適切な出生前カウンセリングを継続できること。
  7. 出生後の医療やケアを実施できる、またはそのような施設と密に連携する体制を有すること。
  8. 連携施設において検査の陽性が出た妊婦について、連携施設からの紹介を受けて前項4~7 の対応を行うことが可能であること。
  9. 遺伝診療についての会議を定期的に開催して前項2の遺伝に関する専門外来に関わる医療者内で診療についての情報共有を図ること。連携施設がある場合は連携施設においてNIPT に関する出生前カウンセリングを実施している産婦人科医師の会議への参加を受け入れて、連携施設の検査にあたる産婦人科医師との密な連携を維持するように努める。

平成30年7月時点で、臨床研究として認定・登録された全国92施設においてNIPTが実施されています。
認定・登録施設には遺伝専門職である臨床遺伝専門医認定遺伝カウンセラーがいます。遺伝カウンセリングを通して妊婦さんとパートナーの方の思いを聞き、遺伝学的情報の提供を行い、お二人が自律的に受検の選択ができるよう、サポートを行っています。

埋没毛があっても脱毛できる?
シミを予防!シミ取りおすすめクリーム
ガレイドサニタリーメンバー不織布マスク《GALLIDO SANITARY MEMBERの口コミ・評判は?》
いつからマタニティウェア・マタニティブラはじめる?

NIPT認可施設の対象となる妊婦さんの条件

認可施設でNIPTを受ける対象となる妊婦さんの条件

1.胎児超音波検査で、胎児が染色体数的異常を有する可能性が示唆された者。
2.母体血清マーカー検査で、胎児が染色体数的異常を有する可能性が示唆された者。
3.染色体数的異常を有する児を妊娠した既往のある者。
4.高年齢の妊婦【分娩予定日に 35歳以上
5.両親のいずれかが均衡型ロバートソン転座を有していて、胎児が 13 トリソミーまたは 21 トリソミーとなる可能性が示唆される者。

名古屋市立西部医療センター

西部医療センター理念・基本方針

理念

地域に根差した大学病院として高度かつ安心な医療を提供するとともに
優れた医療人を育成します。

基本方針

  1. 公立大学病院の使命を自覚し、安心安全で質の高い医療を提供します。
  2. がん診療連携拠点病院、地域周産期母子医療センターとして、がん医療、小児・周産期医療の充実に努めます。
  3. 地域の医療機関と連携し、地域医療の発展に貢献します。
  4. 充実した医学教育のもと、人間味豊かな優れた医療人を育成します。
  5. 医学研究を推進し、新しい医療の創出を進めます。

名古屋市立西部医療センター 概要

施設名称名古屋市立大学医学部附属西部医療センター
開設者名古屋市立大学
所在地〒462-8508 名古屋市北区平手町1丁目1番地の1
TEL(052)991-8121
FAX(052)916-2038
主な指定・認定施設脊椎脊髄外科専門医基幹研修施設(日本脊椎脊髄病学会認定)
地域がん診療連携拠点病院(国指定)
臨床研修指定病院(基幹型)(国指定)
地域周産期母子医療センター(県指定)
地域医療支援病院(県承認)
災害拠点病院(地域災害医療センター)(県指定)
救急告示医療機関(県指定)
病院機能評価3rdG:Ver.1.1(日本医療機能評価機構認定)
病床数500床
標榜診療科目内科、呼吸器内科、消化器内科、循環器内科、腎臓・透析内科、脳神経内科、血液・腫瘍内科、内分泌・糖尿病内科、外科、呼吸器外科、消化器外科、脳神経外科、乳腺・内分泌外科、小児外科、整形外科、形成外科、精神科、児童精神科、リウマチ科、小児科、小児アレルギー科、小児科(新生児)、皮膚科、泌尿器科、産婦人科、眼科、耳鼻いんこう科、リハビリテーション科、放射線診断科、放射線治療科、病理診断科、麻酔科、歯科口腔外科
駐車場345台(立体駐車場)
敷地面積47,536.16㎡(クオリティライフ21城北敷地全体)、27,643.75㎡(病院分)
建築面積10,248.00㎡
延床面積42,590.53㎡
構造鉄骨造(一部鉄骨鉄筋コンクリート造)、免震構造
建物構成地下1階、地上8階、塔屋2階、緊急離着陸場
付帯施設24時間保育所、ワンルームマンション(別敷地)

【参考】NIPT東京 NIPT大阪奥野病院の口コミ評判

名古屋市立西部医療センターのNIPT

名古屋市立西部医療センター 遺伝診療部

名古屋市立西部医療センター 遺伝診療部 概要

 遺伝診療部は、がんゲノム医療を中心とするゲノム医療と、NIPT(母体血胎児染色体検査)、遺伝カウンセリングなどを担当する中央診療部門の一つです。遺伝診療部では、①がんゲノム外来、②NIPT外来、③遺伝カウンセリング外来の、3つの専門外来を設置して、各診療科・各部門と密接に連携して診療を行っています。また、当院は、臨床遺伝専門医認定研修施設として、臨床遺伝専門医制度委員会(日本人類遺伝学会・日本遺伝カウンセリング学会)より認定を受けています。

外来担当医

濵嶋 直樹遺伝診療部・部長
がんゲノム医療センター長・第二小児科部長
臨床遺伝専門医・指導医・指導責任医(臨床遺伝専門医制度委員会)
遺伝性腫瘍に関する遺伝カウンセリング受け入れ可能な臨床遺伝専門医
生殖医療に関する遺伝カウンセリング受け入れ可能な臨床遺伝専門医
西川 尚実周産期医療センター長・第二産婦人科部長
臨床遺伝専門医(臨床遺伝専門医制度委員会)
生殖医療に関する遺伝カウンセリング受け入れ可能な臨床遺伝専門医

外来日程

午前がんゲノム
濵嶋 直樹
     がんゲノム
濵嶋 直樹
がんゲノム
濵嶋 直樹
     
午後NIPT
濵嶋 直樹
     遺伝カウンセリング
濵嶋 直樹
          

名古屋市立西部医療センターのNIPT(母体血胎児染色体検査)

名古屋市立西部医療センターは、2014年2月12日付で、日本医学会より、
「母体血を用いた出生前遺伝学的検査に関する臨床研究施設」としての認可を受けています。
NIPT外来では、産婦人科、小児科と密に連携を取り、NIPTを実施しています。

NIPTの対象となる妊婦さんは、現時点では、下記のいずれかに該当する方です。

1.分娩予定日に35歳以上である方
2.21トリソミー、18トリソミー、13トリソミーを有するお子さんを妊娠、あるいは、分娩したことがある方
3.赤ちゃんが染色体の変化(21トリソミー、18トリソミー、13トリソミー)をもつ可能性の上昇を指摘されている方

 NIPT外来では、当院で分娩予定の妊婦さん(他の医療機関で妊婦検診を受ける場合を含む)のみでなく、他院で分娩予定の妊婦さんも対象としています。他院を受診中の妊婦さんは、主治医の先生よりご紹介いただき、まず、当院産婦人科外来を受診下さいますようお願いします。また、カウンセリング予約日に、夫またはパートナーとともに、お二人そろってカウンセリングを受けられる方が対象となります。

名古屋市立西部医療センター 遺伝カウンセリング外来

遺伝カウンセリングとは、遺伝の可能性のある疾患の患者様やそのご家族、あるいは、遺伝についての漠然とした不安や悩みを抱えている方々のための医療です。遺伝診療部では、遺伝に関する様々なご相談に対応させて頂きます。また、必要に応じて適切な遺伝学的検査を提案し、その結果を詳しく説明いたします。他の医療機関で実施された遺伝学的検査結果に基づく、遺伝カウンセリングのご依頼にも対応いたします。その上で、患者様やそのご家族の遺伝に関するご不安やお悩みの問題の解決を、サポートいたします。
 遺伝カウンセリング外来では、
①遺伝性腫瘍、②出生前診断、③各種遺伝性疾患、
に関する遺伝カウンセリングと、各種遺伝学的検査を実施しています。

1.遺伝性腫瘍に関する遺伝カウンセリング
 遺伝性腫瘍に関する遺伝カウンセリングと、各種遺伝性腫瘍遺伝学的検査:BRCA1/2遺伝学的検査(遺伝性乳がん卵巣がん症候群:HBOC)、TP53遺伝学的検査(リ・フラウメニ症候群)、PTEN遺伝学的検査(カウデン症候群)、MMR遺伝学的検査(リンチ症候群)、APC遺伝学的検査(家族性大腸腺腫症)、MEN1遺伝学的検査(多発性内分泌腫瘍1型)、RET遺伝学的検査(多発性内分泌腫瘍2型)等が実施可能です。検査をご希望の場合は、まず、遺伝カウンセリングを受けて頂き、その結果に基づいて検査を検討いたします。保険診療での検査適応となる場合と、自費検査の適応となる場合とがあります。
 また、「FoundationOne® CDxがんゲノムプロファイル」などの体細胞系列バリアント解析のみの、がん遺伝子パネル検査の結果、生殖細胞系列バリアントが疑われた場合の遺伝カウンセリング、シングルサイト検査(本人や血縁者を対象とした特定の生殖細胞系列変異の確定検査)も実施しています。
 検査の結果、遺伝子に病的な変化があることが判明した場合、あるいは、病的な変化がある可能性が判明した場合、その病的な変化によってがんの発症リスクが高まることについて理解を深め、ご自身の健康管理、医学的管理や、ご家族に結果をお伝えするかどうかなどを含めた、今後の対策・方針に関する遺伝カウンセリングを行います。また、VUS(病的意義が不明な変化)や遺伝子多型の可能性が判明した場合にも、その意義についての詳しい説明をさせていただきます。他施設で受けられた検査結果に関する遺伝カウンセリングのご依頼にも、対応いたします。

<BRCA1/2遺伝子検査(乳がん・卵巣がん・膵がん・前立腺がん)とは?>
 BRCA1/2遺伝子検査(乳がん・卵巣がん・膵がん・前立腺がん)は、検査結果に基づいて、乳がん・卵巣がん・膵がん・前立腺がんの治療選択肢に、PARP(ポリADP-リボースポリメラーゼ)阻害薬という、新しい種類の分子標的薬(オラパリブ)を加えられるかどうかを判断する目的で、保険診療として行われます。ご希望の方には、検査前に、検査の詳しい説明をいたします。

<BRCA1/2遺伝子検査(HBOC)とは?>
 BRCA1/2遺伝子検査(HBOC)は、遺伝性乳がん・卵巣がん症候群(HBOC)の診断目的で、保険診療で行われます。検査結果に基づいて治療選択肢に早期発見や外科的な予防といった適切な治療を選択するためや、PARP阻害薬という分子標的薬(オラパリブ)を加えられるかどうかの判断が行われます。
 検査の対象は、乳がん発症者のうち以下を満たす方ならびに卵巣がん、卵管がんおよび腹膜がんを発症した方となります。 (「遺伝性乳癌卵巣癌症候群(HBOC)診療の手引き 2017年版」より引用)
・ 発症、未発症に関わらず(本人以外に)すでに家系内でBRCA1または/かつBRCA2の病的バリアント保持が確認されている
・ 乳癌を発症しており,以下のいずれかに当てはまる
✓ 45歳以下の乳癌発症
✓ 60歳以下のトリプルネガティブ乳癌発症
✓ 2個以上の原発性乳癌発症
✓ 第3度近親者内に乳癌または卵巣癌発症者が1名以上いる
・ 卵巣癌、卵管癌および腹膜癌を発症
・ 男性乳癌を発症
・ がん発症者でPARP阻害薬に対するコンパニオン診断の適格基準を満たす場合腫瘍組織プロファイリング検査で、BRCA1または/かつBRCA2の生殖細胞系列の病的バリアント保持が疑われる

<HRD検査(myChoise診断システム)とは?>
 HRD検査は、傷がついた遺伝子を修復する機能の一つ HRD(Homologous Recombination Deficiency:相同組換え修復欠損)を診断する検査です。卵巣がんの患者さんを対象として、がん細胞の遺伝子の特徴の一つであるHRDが、がん組織に認められるかどうかを確認して、PARP阻害薬(オラパリブ・ニラパリブ)という種類の薬を使えるかどうかを判断するためにこの検査を行います。がん組織において、BRCA1/2遺伝子に病的な変化が認められる場合に、または、がん組織にゲノム不安定性が認められる場合に、陽性と判断されます。

2.出生前診断に関する遺伝カウンセリング
 遺伝カウンセリング外来では、当院産婦人科や他施設で実施された、羊水検査・絨毛検査等の出生前検査の結果、染色体疾患等が判明した場合に、その結果の詳しい説明、判明した疾患の詳しい説明、今後の方針決定プロセスのサポートを含めた遺伝カウンセリングを実施ししています。また、着床前診断に関して、日本産婦人科学会指針に基づいて、検査前の第三者機関としての遺伝カウンセリングに対応しています。

3.遺伝性疾患に関する遺伝カウンセリング
 当院は、遺伝学的検査・遺伝カウンセリング加算に関して、厚生労働大臣が定める施設基準に適合しているものとして地方厚生局長等に届け出た保険医療機関として認定されています。遺伝カウンセリング外来では、保険収載されている遺伝学的検査の一部が実施可能です。検査をご希望される方がいらっしゃいましたら、まず、遺伝カウンセリングを申し込みいただき、遺伝カウンセリング結果に基づいて、検査適応を検討いたします。

名古屋市立西部医療センターNIPT料金のご案内

母体血胎児染色体検査(NIPT)
検査提出時:検査費用(実費)+遺伝カウンセリング料:10,420円(税込)
結果説明時:遺伝カウンセリング料:5,210円(税込)

名古屋市立西部医療センター NIPT外来の予約方法

産婦人科初診外来あてに、地域医療機関より、地域医療連携室HPの「診療予約の申し込み手順」をご参考にFAXでお申し込みください。

名古屋市立西部医療センターの口コミ評判

里帰り出産の予定でしたが、予定日の3週間前に病院を変わることになり不安もありましたが看護師、助産師の方が皆さん暖かく無事に出産できました。また母乳育児をとても大切にしていて指導してもらえたのもすごく良かったです。

出産後子供が一過性多呼吸の為たまたま搬送された先が西部医療センターでした。
約2週間NICUとGCUでお世話になりました。
はじめての出産で産後すぐ離れ離れになりとても心配してましたが先生初めて看護師さんがとても丁寧に説明して下さり安心して子供を預ける事が出来ました。
沐浴指導なども丁寧に教えてもらえて助かりました。
コロナ禍と言うこともあると思いますが面会は予約制で1日1回1時間と決まっています。
とても辛かったですが今はとても元気で活発な子に育っていてくれています。
ありがとうございました。

2人目の出産でVBACを希望していたため、ここの病院を選びました。
妊婦健診は自宅近くの産婦人科で、32週目からお世話になりました。
コロナ禍前の2020年1月VBAC出産で違いがあるかもしれませんが、
参考になると嬉しいです。

2週、1週に一回の健診は予約しても時間通りに名前が呼ばれません。毎回1時間以上待っていました。どうしても急いでいるときは朝早いですが、9:00〜の予約を取ることをおススメします。ただしすぐに予約枠が埋まってしまいます。電話での予約変更不可なのでご注意ください。総合病院なので受付、診察室、採血室、レントゲン室、会計など移動で院内たくさん歩きます。どこの検査も待ち時間長めです。半日かかると思って通院してください。
超音波検診等は母子手帳配布時の妊婦健診無料券を使用します。毎回やってはいただけないです。ただし事前に次回の検査内容が教えていただけます。希望すれば実費を払い超音波検診等は受けられますが、金額はわかりません。

LDRは大変広く、綺麗なトイレとシャワーも部屋の中に設置されているので陣痛で苦しい中でもすぐに行けるのはとても良かったです。陣痛を乗り切るためのアクティブチェアーや敷マット、テニスボールなどを借りることができます。こまめに助産師さんが見に来て腰をさすってくださり、乱れた呼吸を一緒にととのえてくれたり、いきまないように肛門を抑えてくださいました。ありがたかったです。
子宮口が全開になってもかれこれ1時間近くかかりましたが、先生が近くにいてもらえたので安心て産むことができました。VBAC成功しました!

産後、基本的に母子同室ですが無理強いはしないので、夜間の数日間は預かってもらいました。そして母乳育児に力を入れているため、夜間でもこまめに助産師さんが母乳の出を確認しにきて、張りやしこりがあればマッサージをしてくださいました。多少スパルタ感はありますが、退院後うまく母乳育児の軌道に乗せられましたので感謝しております。

ご飯は一般病棟と一緒の病院食です。産科だからといった特別食ではありません。ただし祝膳があります。お赤飯や蟹グラタン、ローストビーフなどお腹いっぱいになりました。

また機会があればお世話になりたいと思っております。

2人目の出産でお世話になりました。
前回他院で帝王切開だったため、何かあっても大丈夫な病院で、可能であればVBACができるところを探し、こちらにお世話になりました。

検診は32週以降からお世話になりました。
産婦人科の外来は他の待合と違い自動ドアで仕切られているので、コロナが流行ってる中安心できました。
待ち時間は多いですが予約時間さえ守れば何時間も待つことはありませんでした。

陣痛が来てから入院しました。
LDRはとても広く、トイレとシャワーも部屋の中にあるので陣痛で苦しい中でも自分のタイミングで行けるのはとても良かったです。
面会と立ち合いがコロナで制限されているので、
こまめに助産師さんが声かけてしてくださり安心して出産できました。VBACも成功できて本当に良かったです。

産後も母子同室が推奨されてますが無理強いしてくる助産師さんもいなく、入院中はゆっくり体力回復と授乳リズムを掴むことができました。
病室はとても綺麗でした。

産後も母乳育児を支援する仕組みができているので退院後うまく母乳育児をできるようになりました。

総合病院なので会社に提出する書類などあちこち窓口を回ったりしないといけなかったり、
産後1ヶ月の検診は子供と日程が別になるので複数回病院に行かないといけなかったりとちょっと不便な点はありますが、
全体的に満足でした。

こちらで出産しました。
妊婦健診は総合病院なこともあり待ち時間は、予約してもそこそこありましたが、先生達はどなたも頼れる優しい先生達でした。
いざ出産で入院となった時は先生というより助産師さんと関わる機会の方が多かったのですが、ほとんどの助産師さんはとても優しかったです。
1人だけ、陣痛で苦しんでるのに冷たくしてくる助産師さん?も居ましたがほとんどの方はプライベートな相談にも以前から乗って下さったり当日も助産師さん達が居たから出産を乗り越えられたので、今でも感謝しています。
西部医療センターは病院自体も綺麗だし、対応も良く、いい病院だなと思います。
小児科の先生も大好きなので、子供になにかあればまたお世話になりたいです。

市立病院ですが数年前に改築されとてもきれいになったことと、周産期医療センターとしての設備が整っていたため、分娩予約し妊婦検診時から通っていました。34週で切迫早産になり入院。入院時は大部屋でしたが窓側のベッドだったため外の景色を見ることもでき、快適に過ごせました。食事も市立病院にしては十分な量がありおいしかったです。
結局35週で陣痛が始まってしまいそのまま出産。早産だったのと2500gなかったことからNICUに入りましたが、手厚く見てもらうことができ、安心できました。
産後のお祝い膳も市立病院とは思えないようなしっかりしたものが出てきて嬉しかったです。
私は先に退院し、子供はその後NICU,GCUに合わせて1ヶ月弱いましたが、その間も子供の状態を見ながら母乳をあげさせてくれたり、沐浴の練習もさせてもらえたので良かったです。

初めは出産の時にお世話になりました。
家から近くの個人の産婦人科で通院していたのですが、切迫早産で破水してしまい、NICUなどの設備があるこちらを紹介され緊急出産となった時にお世話になりました。未熟児で生まれたので、NICUに一ヶ月通わせて頂きました。すごく看護師さんの数は多く感じました。でも皆さん優しい方ばかりで、新米ママなので、手取り足取りいろいろと教わりながらの一ヶ月。本当にお世話になりました!!その後も二ヶ月に一回、成長の様子を見て頂きサポートもして頂けました。次の出産の時もこちらにお願いしたいと思います。

古い時は知らないくて新しくなった時に出産でお世話になりました。
出産前にバースプランを考え、希望通りの出産に挑むことができました。
分娩室も家族の待合室と一体型で移動することなく、そこで産みました。
出産後は完全母子同室でした。
部屋も個室は早々に埋まり大部屋でしたが、特に窮屈さも感じず過ごせました。
シャワーも空いてる時間に自分で記入してとる感じです。

やはり検診などは大きい病院なので予約しても待ち時間が結構ありましたが総合的にみても不満はありません。

妊娠判明~出産後の1カ月健診までお世話になりました。

妊婦健診に関しては、予約をしても(基本予約します)かなり待ち時間が長いです。1時間待つことも普通です。
待合室には自動ドアが設けられており、隔離というほどはありませんが他の科とはっきり分けられているので、感染症の対策が取られているのだなと思いました。
2Fに設けられているのもそのためなのかもしれません。
(城北病院時代から産婦人科は2Fでした・・・)

担当医師は曜日、時間で決まっていました。
私の場合は初診と次からの担当医が変わることになりました。
初診の医師を少し怖いと感じて(※完全な主観です。常識的には普通だったと思います。)、曜日を変えたいと申請したためです。

医師、看護師、スタッフいずれも親切でした。
特に助産師は若く見えてもベテラン、といった方が多くて頼れました。

出産後の入院は5日間で、大部屋でしたが何も不便はありませんでした。
大部屋は少な目です。個室が充実しています。

洗濯機(コインランドリー)も病室とは別の階ですが、設置されています。

食事は・・・。量が少なめです。そして美味しさや豪華さといったものは期待されない方がいいと思います。
普通の病院の給食、といった感じです。
足りなくておなかが空いたときは2Fの購買で無添加のクッキーをおやつに買っていました。

何階だったか忘れてしまいましたが、中庭があり、散歩したりして癒されました。

駐車場は満車の時もありますが、大抵は停めることができるので、お見舞いだとか付き添いしてもらうにも便利だと思います。


妊娠初期から出産まで安心して通える病院でした。

友人に勧められて通うことにしました。
妊婦健診で二回目の受診でした。
待合室は産婦人科だけ別室になっていて風邪などの予防に安心できます。
上の子を連れて行ったのでぐずったら廊下に椅子がたくさんあるのでそこでおやつを食べたりしました。
予約をしたので時間通りに受けることかできました。
先生も女の先生がいて安心できます。
看護師さんもみんな優しいです。
お会計も早いです。
駐車場も診察を受ければ無料になります。
健診代もほぼお金がかからないみたいです。

第二子の妊娠、出産で西部医療センターに通院しました。
第一子が帝王切開だったので、第二子を自然分娩できる産院が限られるのですが、西部医療センターでは出来ると聞き通うことにしました。
先生はわたしの不安を全て解消してくれて、自然分娩に向けて頑張ることができました。
いざ、出産の時には私側に問題があり帝王切開になってしまったのですが、心のケアもしてくださり、安心して出産することができました。
助産師さんも親切で明るく、病院も新しく綺麗なので、入院中の生活も快適に過ごすことができ良かったです。
出産費用は補助金内で収まったのも良かったです。

まだ新しくきれいな病院です。
設備も当然新しく、入院した特別室もとても良かったです。
特別室は部屋内にトイレ、シャワールーム、洗面台、面会者用のソファなどがあり、かなり充実しています。

妊婦検診は予約をしても1時間以上待つのは当たり前です。
そのため妊婦検診は別の病院に変えました。
ただし、出産前の検診はこの病院に戻って検診をうけなければならないため、臨月で一時間以上座って待たなければいけないのは辛かったです。

この病院にした決め手はLDRです。
陣痛から出産までずっと1つの部屋で良いこと、床でもベッドの上でもどこにいても良いこと、こんなことがお産にはすごく重要に思えました。

実際、本当にこれがとても良く大正解でした。

新生児室がないので24時間赤ちゃんとずっと一緒ですが、私はその方が安心でした。
どうしても大変なときや売店に行きたい時などはナースステーションで預かってもらえます。

助産師さん看護婦さん、とても良いかた達ばかりで本当に良い病院でした。

[症状・来院理由]

妊婦健診の為来院しました。出産予定日になっても生まれてこないため、帝王切開の手術のため、お腹の状態を見て頂きました。

[医師の診断・治療法]

子宮口も開いているしそろそろという状態だけれども…ということで、あと3日で産まれてこなければ、帝王切開にしましょうと言われました。お腹の中の羊水も減ってきているので、これ以上お腹の中にいると赤ちゃんが危険だという判断でした。

[感想・費用・待ち時間・看護師などスタッフの対応]

さすがに、この辺りではそこそこ大きな病院ですので、患者さんの数は多く、待合室も混雑していました。看護師さんや医療事務の方達も忙しそうに働いていらっしゃり、さすが大病院という雰囲気が感じられました。先生は大病院の先生だけれど、親身になってしっかりと見てくださり、質問にもわかりやすく答えて下さいました。産婦人科の先生にしては男性の少し若めの先生でしたので、少し気がひけましたが、安心できる先生でした。支払いの窓口は少し待たされます。地下に小さな売店があります。駐車場があまり大きくないので、早めの来院が良いかと思います。

乳腺炎になってしまい熱が出て、自分ではどうすることもできなくなったので、相談に行きました。
母乳の相談は午後からしかやっておらず、電話予約が必要なようです。HPには電話予約が必要と書いてないので注意です。知らなかった私は診察のつもりで行くと、まずは電話してくれないと対応できないと言われました。また初診であれば紹介状が必要だと迷惑がられました。そのあたりをわかっていなかった私の方にも非があるから…とそのまま帰ろうかと思いましたが、特別に診てもらえました。
ネットでは評判が良く、全員助産師とのことで期待していましたが、実際は教科書どおりのことしか聞けず、母乳育児を半年やってきた私にとっては全部知っていることばかりでした。結局、搾り出すしかないという結論で、あまり参考になりませんでした。
ネットでは良いように書かれていますが、妊婦さんや出産時に優しいなんてどこの病院も当たり前です。ストレスをかけてはいけないのですから。その後のフォローはその病院で出産した人だけだったのでしょうか。わかりませんが、スタッフの方の対応は良いとは思えませんでした。
また、対応した若い助産師が、終始タメ口なこともとても不快に感じました。こちらは敬語で話していたのですが…。最後帰り際にも、今度来るときは絶対電話して下さいね、と念押しされました。
私はもう二度と相談に行きません。

総合病院なので仕方ないとは思いますが、予約してもとにかく待ち時間が長いです。雑誌も新しい雑誌はありません。
フリースタイルを取り入れていたり、家族誰でも立ち会いできたり、良い面もたくさんありますが、内診の時にカーテンをあけて、先生の後ろにあるモニターを見ながらの説明に大変驚きました。
体制も辛いし、下着をつけていない状態での説明がどれだけ恥ずかしい事なのか、もっと考えてほしいです。患者の立場になってほしいと強く思いました。
予算上の都合で改善は無理だそうですが、モニターの位置を変えて、モニターのとこだけカーテンを開けるようにするとか、他に改善する方法がないのか疑問です。

東海エリアの認可施設

認可施設:名古屋市立大学病院

認可施設:名古屋市立西部医療センター

認可施設:岐阜大学医学部附属病院

認可施設:藤田保健衛生大学病院

認可施設:名古屋逓信病院(現 AOI名古屋病院)

認可施設:名古屋大学医学部附属病院

認可施設:あいち小児保健医療総合センター

認可施設:豊橋市民病院

認可施設:名古屋第二赤十字病院

認可施設:順天堂大学医学部附属静岡病院

無認可施設でも認可施設と同レベルの信頼・サポートのある施設もある!

認可施設と無認可施設の違いは、
カウンセリング・陽性時のサポートであり、
検査精度自体に問題がないとすれば、
カウンセリングとアフターフォローがしっかりしていれば、
無認可でも全く問題ないということですよね。

むしろ、
しっかりとNIPTの理解をしている方にとって
煩わしい複数回の夫婦揃ってのカウンセリングが不要なことや、
紹介状が不要な事などを考えれば、
逆に認可外のクリニックにメリットと感じる人も多いのではないでしょうか。

実は、
認可外の施設でも、
カウンセリングをはじめ、
羊水検査、
人工中絶手術まで一貫して行ってくれる施設もあります。

それは、この後ご紹介します、
八重洲セムクリニック・奥野病院です。

八重洲セムクリニック・奥野病院は認可外ながら、
国内最大の実績を誇る信頼のおけるNIPT(新型出生前診断)施設です。

カウンセリング・フォローに関しても産婦人科医が実施しているので充実していますし、
もちろん、
年齢条件もなく、一人で一回の来院で完結もできます。

意思が決まっていて、
カウンセリング不要でサッと検査を受けたい方も、
しっかりとカウンセリング・フォローを受けたい方も、
どちらも満足できるNIPT無認可施設は続きをご覧ください。

認可外・無認可でもフォロー体制がしっかりしているおすすめの認可外NIPTクリニック

認可施設・認可外施設の違いで、
カウンセリング、フォロー体制の有無を取り上げましたが、
認可外の施設は日本産婦人科学会の認定を受けていないので 、
日本産婦人科学会の指針に基づかずに運営されている所がある可能性があるという事だけで、
認可外施設がフォロー体制がしっかりしていないかというと、そうではありません。

例えば、
八重洲セムクリニックと奥野病院

こちらは、
担当医は安心の産婦人科医であり
採血前に医師が遺伝カウンセリングを行い、
ご不安やご質問などの相談を受けています。

日本で初めて年齢制限のないNIPT、
染色体検査及び微小欠検査を提供した医療機関でもあり、
信頼のおける施設であります。

すでに国内最大のNIPT10,000件以上の実績があり、
万一陽性が出ても当クリニックで一貫フォローが可能です。

認可外でもこういった信頼のおけるクリニックは全く問題はありません。

こちらの
おすすめNIPTクリニックを少し見ていきましょう。

★【国内最大の圧倒的NIPT実績】★
八重洲セムクリニック・奥野病院は
日本で初めて、条件や制限のないNIPT、
染色体検査及び微小欠検査を提供した医療機関です。

すでに10,000件以上のNIPT検査を担当した圧倒的な実績があり、
認定・認定外含めても八重洲セムクリニック・奥野病院のNIPT実績は抜けています。
毎月200名以上の方がこちらで予約、受検しており、
皆さんが安心を手に入れています。


★【担当医は安心の産婦人科医】★
認可外のNIPT施設でありながら、
担当医は安心の産婦人科医。

検査前の説明やアフタフォローも非常に信頼のおける施設であります。
認可外の施設では美容外科など専門外のクリニックが多いです。
八重洲セムクリニック・奥野病院であれば産婦人科医がしっかり対応。
安心して受検できます。

アフターフォローも万全】★
NIPTの結果が陽性となる可能性は100人に1人程度とかなり低い確率のため、
総検査数が1,000件、2,000件程度の検査実績の少ない検査機関では、

そもそもクリニック自体が陽性という結果について触れた機会すらほとんどない可能性があります。(ほとんどの施設が数百件程度の実績)
八重洲セムクリニック・奥野病院では
もちろん産婦人科医が担当してますし、
結果が陽性だった場合のカウンセリング及び羊水検査から中絶も含めてすべて当院でしっかりフォローしております。認可外でここまですべて一貫できるのは、八重洲セムクリニックだけといってもいいでしょう。
もしもの時の経験・実績も豊富で万全の体制でフォローが可能です。

もしもの時まで考えれば、安心して検査からアフターフォローまで任せることができる八重洲セムクリニック一択といえます。

★【WEBから簡単に予約が可能でおすすめです!60秒で完結!】★
【八重洲セムクリニック】こちらから予約できます。(紹介状も不要です。)
希望クリニックと日時を選択するだけで予約完了です。
ただ、予約可能なのは日曜のみです。
八重洲セムクリニックの唯一の弱点は日曜のみしか受けられないという所でしょうか。

★【つわりなどが辛い妊娠初期ですので、1回の来院で完結がうれしい】★
予約日にクリニックへ向かい採血のみで完結です。(全部で概ね40分)
認定施設では夫婦そろって3回の来院が必須条件だったりしますが、
一人で一回の来院でも問題ありません。もちろん夫婦でもOKです。

★【妊娠10w以降であれば誰でも受検可能】★
一般的な新型出生前診断(NIPT)には妊娠10~18週目という制限がありますが、
八重洲セムクリニックおよび奥野医院の検査では、
条件が「妊娠10週目以降」だけになります。
妊娠18週を過ぎてからは、母体の血液に含まれる赤ちゃんのDNAが減少するといわれていますが、妊娠から時間が経って、「やはり検査を受けたい」と思う方もいらっしゃいます。八重洲セムクリニックでは、タイミングが遅れ、他の施設では検査を受けられなかった方でも、新型出生前診断(NIPT)の受検を検討することができます。

★【周辺の各種地下鉄から徒歩数分の好アクセス】★
■東京駅八重洲中央口より徒歩8分
■京橋駅6番出口より徒歩1分
京橋(東京都)から八重洲セムクリニックまでの自動車ルート - NAVITIME

八重洲セムクリニック・奥野病院では、NIPTにつて世界中で大きなシェアを持つベリナタヘルス社の全染色体検査と微小欠失検査(検査名称:ベリファイプラス)が可能です。
ベリナタヘルス社は、親会社であるイルミナ社の最新の検査機器を使用し検査を行っており、検査制度についても非常に高い精度を誇っています。

八重洲セムクリニック・奥野病院


《八重洲セムクリニック・奥野病院》

学会の指針は、カウンセリング体制も含め重要な指針だと理解しております。
しかしながら、この検査を受けたくても受けることができない妊婦様が多く存在する事も大きな問題だと考えております。そういった妊婦様は、流産のリスクがある羊水検査を受けるか、精度の低い母体血清マーカ―テストを受ける選択肢しかありませんでした。
また認定施設では、検査を受けるまでと、検査結果の通知を受けるまで数週間以上必要な施設も多く存在します。
八重洲セムクリニック及び奥野病院としては不安を抱える妊婦様に対して一人でも多くの方にこの検査を提供すべきだと考え検査の提供を行っております。
当然のことながら違法性はなく、検査自体も信頼できる検査ですのでご安心ください。
また、院長は、国際出生前診断学会(International Society for Prenatal Diagnosis: ISPD)の会員であり、本学会ではこの検査は広く検査を提供すべきという指針になっております。
当院では世界的な基準を順守し本検査を妊婦の皆様に提供しておりますのでご安心ください。

カウンセリングはありませんか?

八重洲セムクリニック及び奥野病院では、採血前に医師が遺伝カウンセリングを行い、ご不安やご質問などの相談をお受けしておりますのでご安心ください。
また検査結果が陽性だった場合には、十分なサポートを受けて頂くためにも、さらに詳細な遺伝カウンセリングを専門機関にて受けていただくことが可能です。また、当院においても情報収集のお手伝いもさせて頂きます。
遺伝カウンセリングとは、妊婦様やご家族の方々に対し、遺伝子や遺伝のメカニズムが関与する疾患や体質など遺伝学的情報を提供し、その患者様やご家族の方々がそれらの情報を理解した上で意思決定ができるようにサポートする医療行為です。心理社会的な支援がされることもあります。日本でも、遺伝カウンセリングを受けることのできる専門医療機関は全国に存在します。遺伝子相談施設に関しては下記のサイトなどで検索することも可能です。
◆いでんネット
http://idennet.jp/cgi/doctor/search.html

「年齢制限なしで検査できてホントに助かりました!」30代前半の妊婦さんも安心してご出産いただけるよう、当院では新型出生前診断(NIPT)の検査に年齢制限は設けておりません。 「産婦人科の先生が担当だから頼れるし、やっぱり安心」万が一、陽性反応が出た際の対応や、羊水検査の実施なども当クリニックで完結。ゼロから病院を探す必要はありません。

《↓八重洲セムクリニック(東京)NIPTの特徴・詳しくはこちらから↓》

◎ねこママ
◎ねこママ

八重洲セムクリニック・奥野病院の実績を見てもわかる通り、
たくさんの妊婦さんが認定外施設でNIPT検査を受けています!
考えることは皆同じで、若いママもたくさん検査されています。
赤ちゃんの健康を確認して安心したマタニティライフを送りたいのは皆さん一緒ですよね。
もちろん検査時の不安もありますが、ずっと不安を抱えたまま出産まで悩むよりは良いのではないでしょうか。
こちらは産婦人科ということで、事前に質問もしっかりと受けてもらえますし、もしもの時の説明もぬかりなし。そして何かあっても一貫したフォロー体制が整っており安心して受けられます。

妊娠線予防クリーム

肉割れ消す

飲み放題浄水型ウォーターサーバーおすすめランキング:水道直結型・水補充式

安い!おすすめマタニティウェアSOIMの口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました