NIPT(新型出生前診断)【障害児の子育てについて】と【療育手帳について】

新型出生前診断【NIPT】
NIPTで陽性
その後

【障害児の子育てについての現実】

現代、

障害を持って産まれてきたり何かの病気や事故によって障害になる方が多く居られます。

障害をもった子供の子育ては大変です。

体調も急激に変化したりするため親御さんにとっては心配だらけです。

障害の有無関係なく子育ては大変ですが障害があるだけで周囲の視線を気にする家族が居ます。

偏見や差別が多く、それによって育児ノイローゼになってしまうことのあります。

誰にも相談できなかったり、子供とのコミュケーションがうまく出来なかったりすることで悩んでしまう事が多々あります。

学校もなるべく特別支援学校ではなく地域の学校で障害の有無に関係なく健常者の子と触れ合う事が大切で色んな経験をさせたいという希望する親御さんがおり地域の学校を希望する家庭も多くあります。

ですが政府の対応や学校側の差罰や偏見によって行けなかったりする障害児を邪魔者扱いをされています。

障害がある子や障害を持つ子の親御さんでも生活や色んな事を選ぶ権利はあります。

普通学校と特別支援学校の触れ合いも必要な時代です。

障害と言っても、さまざまな障害があります。

それによって子育てや医療も変わってきます。

病院の診断によって育児医療制度サービスを受けられ、それによって、さまざまな福祉サービスを受けられますが個々に合わせた、サービスを受けたくても受けられられなかったりする事もあります。

障害と言っても個々によって症状や個性も違うため利用したいサービスが少なく利用できなく悩む親御さんが多く居られます。

周囲の助けが必要なんです。

辛い思いをしてる方々が居る事を、知って下さい。

【ダウン症とは】

ダウン症の方は、色んな才能があり前向きに頑張ってる方が多く居ます。

また明るく、ユーモアがありで、ダウン症があると思えないくらい健常者と同じで障害があると感じられないほど、なんでもできる方々です。

ダウン症候群とは、21番染色体が3本あることにより

精神発達の遅れや特徴的な顔貌、多発奇形を示す先天性疾患群という病気です。

最も多い遺伝子疾患とも、言われているそうです。

知的障害、先天性心疾患、低身長、肥満、筋力の弱さなどもみられるのが特徴でもあります。

福祉制度(支援制度)があり、地域ごとに受けられる福祉サービスが異なります。

治療の方法は、根本的はなく症状に応じて治療を行うそうです。

周りの理解と支援が必要です。

純粋で、キレイな心の持ち主が多く居る事を知ってください。

【療育手帳について】

皆さんは、療育手帳について、ご存知ですか?

知的障害、ダウン症や自閉症などの障害によって受けられる福祉サービスで障害者手帳の1つです。

※療育手帳制度は法律で定められた制度ではありません。
都道府県・政令指定都市がそれぞれ要綱などを制定して行っています。
そのため、
自治体によって制度名や支援内容、取得の基準などが異なる場合がございますので要確認です。

療育手帳は
18歳未満の障害を持つ親御さんにとっては子育て情報や役に立つことも多く子育ての支えになります。

子供にとっても、さまざまな訓練施設などの、サービスが受けられるようになります。

また障害の重さよって受けられる指定障害福祉サービスも異なるため、しっかり知っておくと便利です。

◆療育手帳について

知的障害や精神の発達遅延がある人に交付される手帳のことで医療や生活面で受けられる、サービスのこと。

受けられる、サービス内容も地域によって異なります。

・特別児童扶養手当

・心身障害者扶養共済

・国税、地方税の諸控除及び減免税

・公営住宅の優先入居

・NHK受信料免除

・高速道路の料金割引

・旅客鉄道株式会社(JR)の旅客運賃や料金の割引[5]

・航空会社の日本国内線の航空運賃割

・生活福祉資金の貸付

・NTT番号案内料金無料

・携帯電話使用料の割引

・公共施設の利用料割引

などがあります。

地域によって異なるため詳しくは市役所などに問い合わせすることが、おすすめです。

療育手帳の対象と等級

★対象

  • おおむね18歳以前に知的機能障害が認められ、それが持続している
  • 標準化された知的検査によって測定された知能指数(IQ)が75以下(70以下に規定している自治体もある)
  • 日常生活に支障が生じているため、医療、福祉、教育、職業面で特別の援助を必要とする

★発達障害の場合は?

発達障害のある人で、知的障害もある人は療育手帳を取得することができます。また、自治体によっては、発達障害の診断を受けた人で、療育や支援が必要な人に療育手帳を交付している場合もあります。療育手帳の対象とならなかった場合、発達障害のある人は精神障害者保健福祉手帳が取得できる場合もありますので、自治体の福祉担当窓口に相談してみましょう。

★等級とは?

障害の程度により等級の区分がわかれ、受けられるサービスの適用範囲も違いがあります。自治体によって違いますが、基本的には重度「A」と重度以外の中軽度「B」の2つの区分にわけられます。より細かく区分している場合など、自治体によって等級の分け方もさまざまです。



きちんと療育手帳を知っておくと生活や、お子さんにも生活しやすくなります。



療育手帳は障害や病気によって生活に支障ある家庭にとっては本当にたいせつなものです。

知らないでおくと生活困難になったり、さまざまな影響もでやすくなります。

子供の成長はとっても大切なので取得すておくと将来に役立つことも多いので、知っておきましょう。

参考:厚生労働省「療育手帳制度について(昭和48年9月27日厚生省発児第156号厚生事務次官通知)」



ダウン症候群(21トリソミー)、
エドワーズ症候群(18トリソミー)、
パト―症候群(13トリソミー)
を早期に、負担なく検査できるNIPTとは?

大阪でNIPT(新型出生前診断)を受けられるおすすめクリニックとは?

関東・東京でNIPT(新型出生前診断)を受けられるおすすめクリニックは?

コメント

タイトルとURLをコピーしました